センノハル

senn0haru.exblog.jp

私の名前から付けたタイトル。 “タクサンの幸せ”。 私にとってタクサンの幸せや、日頃の些細な出来事をのんびり更新します。

ブログトップ

<   2002年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

Blue Mountains

今日はHernandezファミリー&Edファミリーで小旅行。
世界遺産のブルーマウンテンズへ行った。

その途中で寄った中華レストランで私は相当のショックを経験。
オージー好みに味付けされていたので、油まみれで食べられたものじゃなかった。
c0145750_20355644.jpg
ブルーマウンテンズに到着すると、Andyは車のトランクを開けた。
彼が飼っている何十羽もの鳩が空を飛ぶ姿はとても絵になる光景。

ただたくさんの鳩を飼うだけではなく、鳩を自然に帰すことが
彼の入っているピジョンクラブの目的なのかな、そう感じた瞬間だった。
c0145750_20393555.jpg
真冬に強風の山を登っていくのはさすがに寒かったが
子供たちを追いかけ回しているうちに、汗をかくほど暖かくなる。
トロッコにも乗ったが下手な絶叫マシーンより遙かにスリルがあった。
c0145750_20411779.jpg
そこでもやっぱり子供たちは大はしゃぎ。
大人数であればあるほど子供たちの元気度は急上昇。
c0145750_20424483.jpg
AUSの大自然にふれた1日だった。
[PR]
by senn0haru | 2002-08-10 20:31 | Australia

Japanese Shop

ヨウコが食中毒から復活し、久々に日本人メンバー全員がSWICに揃った。
放課後、ショッピングモールへ行くとアイスクリームフリークの私は
1日で4スクープものアイスを食べた。

そこで日本の商品が売っているショップを見つけ、
なんと折り紙までもが揃っていたので迷わずに購入。
ステイ先で予想以上に折り紙消費が早い私にとってはとても助かった。

夕食時、料理の中にインゲンが入っているのを見つけた
野菜大嫌いクイーンのCharmaineがお皿の横にインゲンを避けていた。
それを見たマザーのChatに怒られた彼女は泣きながらインゲンを口に含む。

泣くほど野菜が嫌いな子なんて随分珍しいものを垣間見て
この時ばかりは彼女に協力しようかと甘い考えを抱いてしまった。
[PR]
by senn0haru | 2002-08-09 20:49 | Australia

German

薬を飲んで早めに寝ることを優先した私の体調はスッカリ回復。
私、ヨウコ、ナミコ、ユキコの具合が悪くなったことに心当たりがあるとすれば
それは間違いなくBBQでの“食中毒”になるだろう。

SWICに着くと初対面の先生Edのレッスンが始まった。
なんと偶然にも彼はドイツ人。
大学でドイツ語を習っていた私は英語以外の言語が喋れるチャンスと目を輝かせる。
c0145750_2144430.jpg
イッヒ・ハイセ・・・えっとえっと。
イッヒビンなんたらかんたら。

つたないドイツ語に反応してくれた彼。
私は初めて英語が通じた時の感動を思い出した。

学校が終わると初めて図書館へ行き、体調が回復しないヨウコへ手紙を書いた。
帰宅後はユキコの実家から送られてきた梅干しを少し分けて貰った。
食べた瞬間、私はやっぱり日本人なのだと実感。

ヨウコは大丈夫かな。
[PR]
by senn0haru | 2002-08-08 20:58 | Australia

Featherdale Wildlife Park

具合があまり回復しないまま、朝食抜きでSWICに集合。
予想が当たったみたいでヨウコとナミコは欠席した。
c0145750_21135187.jpg
でも動物園は楽しくて、普段あまり話が出来なかったKevinやPaulとも話したし
レッスン中では分からなかった意外とやんちゃな皆の一面が垣間見れた。
c0145750_21201290.jpg
この動物園ではコアラを抱くことは出来なかったけれど
コアラを間近にして写真を撮ることが出来たのは良い経験になった。

しかし昼食時、ミートパイが原因で私の体調は急降下。
楽しく過ごす余裕が全くなくなり、動物園で皆と解散すると即帰宅した。
すっかりトイレと友達になった私にホストファミリー心配し
毎日飲んでいた大量のコーヒーをしばらく禁止された。

私は一体、どうなってしまうのだろう。
[PR]
by senn0haru | 2002-08-07 21:10 | Australia

Bad Feeling

今日はヨウコもナミコも早退した。
明日、SWICでは動物園に行く予定になっているので心配。

最近は毎回ヨウコと一緒に帰宅していたから
1人で帰るのは少し寂しい。

喋る相手もいないので考え事をしていたら、またペンリス駅まで行ってしまった。
国が違うだけで交通機関が全く把握できなくなることにため息が出る。
今日の私は何だかとてもネガティブ。

帰宅すると原因が分からないまま何度か嘔吐した。
後から知らされたが、実はユキコも具合が悪くてSWICを休んだらしい。
自分の体調が悪化しすぎて明日の動物園がどうなるか分からなくなる。
今夜は何も考えずに眠ることを最優先にしよう。
[PR]
by senn0haru | 2002-08-06 21:29 | Australia

Food Life

近畿大学から来た先生たちが、SWICで日本人パーティーをひらいてくれた。

同じクラスの関西人3人は予想以上に頭が良いのかもしれない。
堪能な英語で挨拶した後に関西弁を喋る先生たちのギャップは
私にとってツボにハマるほど可愛く思えた。

それにしてもAUSに来て以来、パーティーづくしの生活をしている。
盛り上がれて楽しいけれど食生活に関してはカナリ反省。

・・・そう思った矢先、私の好きなシュリンプが夕食で出てきて、
明日から頑張ろうと開き直る私がいた。
[PR]
by senn0haru | 2002-08-05 21:32 | Australia

BBQ Party

先週に引き続き、ミサのために教会へ。

ひざまずいて泣きわめく熱狂的な信者にはさすがに引いてしまったけれど
教会という場所での聖歌には素直に感動する。

夕方までにChatが大量のケーキを作り、家族全員でEdの家に向かう。
車内は甘い匂いで充満し、絶えきれなくなった子供たちがつまみ食い。

Edの家に到着した時には既に色々な料理と人が集まっていて
英語よりもフィリピン語の会話が飛んでいる。
まるで家が丸ごとフィリピンの国のようなものだった。
c0145750_21483996.jpg
それにしてもHernandez家の子供3人、Edの長女Hanna、次女Micah etc、
全員で10人以上の子供を相手にすると、ちびっ子パワーは恐ろしささえ感じる。
c0145750_2152345.jpg
でも今日は、遊びながら色々な料理や会話を楽しんで
日本では出来ないようなパーティーをした。
c0145750_21533498.jpg
食べ過ぎは禁物でも、こんなパーティーであれば毎日でもしたい。
[PR]
by senn0haru | 2002-08-04 21:42 | Australia

Popcorn

SWICが休みだったので今日はChatとショッピング。

野菜や果物が量り売りなので経済的。 飲み物はとてもビッグサイズで驚いた。
そこで出会ってしまったキャラメルポップコーン。
あまり好きではなかったはずなのに、一口食べた瞬間
日本の薄味とはかけ離れた濃厚なキャラメル味で病みつきになってしまった。

夕食ではAUSに来て初めて出てきたみそスープに感動し、
中に入っていたシュリンプはとても美味しかった。

夜はリビングで怖い映画を観ながらポップコーン。

その後は明日のEdのバースデーパーティーのために
自分の部屋でカードを作成・・・していたら、子供たちが突然侵入。
掃除した部屋は瞬く間にグッチャグチャ。
このままじゃ何も出来なくなってしまうので、彼らにカードを作ってあげた。

今日は眠れなくなりそうだ。
[PR]
by senn0haru | 2002-08-03 21:55 | Australia

English Lesson

ニューティーチャーGerryのレッスンで午前中はペアワーク。

1人が廊下に書いてある文字を暗記し、室内のパートナーに伝言。
そのパートナーが伝えられた文章を書き写し、出来るだけ早く文章を完成させるゲーム。
リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングの4技能をフル活用させた。

午後はあるテーマに関するメリット・デメリットを10個ずつプレゼン。
難しく考えすぎた自分のグループより
単純だけど的確なNatグループのプレゼンには心底感心した。

簡単な単語しか知らなくてもレッスンが出来ることを知り、
日本でもこんな新鮮で楽しい英語のレッスンがしたいと思った。

放課後は久々に大学メンバーで語り合い、
夜は子供たちが寝静まってからAndyやChatとベランダで語り合った。

彼らのことが少し分かった気がした。
[PR]
by senn0haru | 2002-08-02 22:11 | Australia

City

SWICのプログラムの一つであるシティー観光。
今日はそのために同じ大学メンバー9人と、関西から来た3人の日本人が参加した。

フェリーで豪華な出発を遂げ、シティーが近づくに連れ田舎から都会の風景に変わる。
c0145750_22275738.jpg
いくつかの観光名所と美味しいシーフードを食べながら
自然にリンゴをかじる現地人を格好良く、そして羨ましく思う。

1時集合後、関西学生を抜いた私たちは全員シティーに残ることを決意。
数時間後に観光を楽しんだ私たちはバラバラに解散した。
c0145750_22321022.jpg
私とヨウコは彼女のホストファーザーEdにバースデープレゼントを買おうと
地元近くのショッピングセンターへ移動し、彼の気に入りそうなものを探し始めた。
だいぶ悩んだ結果、私はTシャツ、ヨウコはキャップを買った。

そしていつも通り電車に乗り、いつも通り地元の駅ブラックタウンを目指し・・・
着いた先はなぜかペンリスという、地元駅から30分以上先の駅。
初めてのハプニングであたふたしながらも、1人じゃないことが心強かった。
[PR]
by senn0haru | 2002-08-01 22:21 | Australia