センノハル

senn0haru.exblog.jp

私の名前から付けたタイトル。 “タクサンの幸せ”。 私にとってタクサンの幸せや、日頃の些細な出来事をのんびり更新します。

ブログトップ

2008年 09月 06日 ( 1 )

児童英語教師

去年の11月に帰国して、12月にこの仕事を始めてから9ヶ月。
久々にNZの写真を見返していたら出てきた懐かしいもの。
c0145750_027422.jpg
これは私がNZで通っていた専門学校での教育実習風景

ここの専門学校はタイミング良く偶然発見できたからこそ
今、児童英語教師ををしているんだと思う。

当時は何となく分かっていたけれど、今はハッキリ分かる。
児童英語教師って子供の成長を見守る仕事でもあるんだね。

最初、私の教室に入ってきた頃から今まで。
特に2歳や3歳だった子供たちの成長は目に見えて分かる。
小学生の子供の成長には個人差があるけど、
英語以外でも彼らの成長を垣間見た時、思ってしまう。

「この仕事をしていて良かった。」

この写真に写っている子供たちは今、どんな成長をしているのかなぁ。
[PR]
by senn0haru | 2008-09-06 22:26 | English