センノハル

senn0haru.exblog.jp

私の名前から付けたタイトル。 “タクサンの幸せ”。 私にとってタクサンの幸せや、日頃の些細な出来事をのんびり更新します。

ブログトップ

子供たちへのプレゼント

子供の花束贈呈後に、
今回、大活躍してくれた子供たちへのプレゼント渡し。

親族のみの披露宴だから、
渡したプレゼントを即楽しみ始めても微笑ましかったです。

私がどんな結婚式をしたいか。
それが『子供たちがたくさんいる結婚式』だったから、
今回は本当に私の希望が叶えられた結婚式になりました。

そんな子供たちの活躍&プレゼントをご紹介。
c0145750_1465792.jpg
まず挙式時にリングガールを担当してくれた私の従姪。

リングガールが終わったかと思えば、
今度はママのデジカメ片手にカメラマンに変身!
外部業者のカメラマンや私の弟と同じくらい動き回っていた働き者(笑)

彼女には抱っこ出来るサイズのクマのぬいぐるみをプレゼント。
早速抱き上げてたから気に入ってくれたみたい。
c0145750_1502154.jpg
そして披露宴で乾杯の音頭を担当してくれた私の従弟。

彼へのプレゼントが最も頭を悩ませて、結局ネットで購入。
大好きなクワガタのフィギュアです。

嬉しすぎて各卓写真の時も一緒に写してたね。
今回一番ハードルが高い乾杯を任せたから嬉しさも倍かなぁ。
c0145750_155625.jpg
次はお色直し入場でマライアの曲に合わせて出てきた
可愛らしい新婦担当の彼の従姪。

ママにはお絵描きセットを頼まれていたから
4歳の女の子にぴったりのフレッシュプリキュア&シュガーバニーズ。

こんな時、子供に関わる仕事をしていて良かったと感じます。
c0145750_1592741.jpg
そして新婦担当のお姉ちゃんと共に入場した可愛らしい新郎担当の彼の従甥。

まだ2歳だったから、彼のご機嫌は皆で心配してたけど、
入場した瞬間拍手喝さいだったから、外に待機していた私たちまで満足。

嬉しかったのかプレゼントを貰った後、すぐに取り出して、
会場内の親族をバンバン撃ちまくってました(笑)
c0145750_210128.jpg
最後に新郎新婦のキャンドルサービス後、
花束贈呈を担当してくれた彼の姪。

私が最初に彼女に出会った時、彼女はまだ3歳だったけど、
今では7歳の立派なお姉さんになりました。

彼女と遊ぶと必ずお絵描きが始まるから、
少し難易度が高いけどこんなものをプレゼント。
c0145750_213334.jpg
そしてお姉ちゃんに連れられて花束贈呈を担当してくれた彼の姪。

笑顔がとっても可愛らしくていたずら好きなんだけど、
当日は固まってたから、もしかしたら子供たちの中で最も緊張してたかな?

彼女にはママの希望で水筒を購入。
お姉ちゃんは水色が大好きだけど、彼女はピンクが大好き。
ピンク好きってところがやっぱり女の子だなぁ。
[PR]
by senn0haru | 2009-12-19 18:50 | Wedding