センノハル

senn0haru.exblog.jp

私の名前から付けたタイトル。 “タクサンの幸せ”。 私にとってタクサンの幸せや、日頃の些細な出来事をのんびり更新します。

ブログトップ

Locks of Love

ずっと前から髪が切りたくて仕方がなった。
伸ばし放題だったから暖かくなったら絶対に切ろうって思った。

でもそんな髪がもし誰かの役に立つなんて素敵じゃない?
c0145750_0483797.jpg
今日はある用事があって実家に帰省。

その時に寄った桜が綺麗な並木道。
中学校の持久走では毎回ここを使ってました。

そして松尾芭蕉像。
実は私の地元って松尾芭蕉にゆかりがある・・・とされている場所でもあるんです。
c0145750_049468.jpg
今年観た桜の中で最も綺麗に見えたなぁ。
きっと空が青くて桜も満開だったからかもしれないね。

右側にひょっこり見える赤い屋根の建物は私が通っていた中学校。
そして左端に少しだけ写っているのは私が最初に住んでいたマンション。
画像は並木全体のイメージを写したかったから思いっきり合成(笑)
c0145750_0491954.jpg
今度は遠くからではなく近くから桜を撮りました。

桜の木、川、幹、空がバックでそれぞれ違った雰囲気。
十分に桜を堪能した後、早速実家へ。
c0145750_0494166.jpg
Locks of Love

米国フロリダにある髪の毛を寄付する団体。
寄付した髪は病気や怪我で髪を失った子供たちのためのカツラになります。

ここで書かれている“Locks”は“錠”じゃなくて“髪の房”って意味。

寄付する髪の長さは最低24.5cmで、束ねて切ったものであればOK。
ひどく傷んでいなければ、カラーやパーマした髪ももちろん有効。
レイヤーやカールした髪でも伸ばした時に既定の長さ以上あれば平気。

興味のある人はとにかく髪を伸ばして切って送るだけ!
その時はこのフォームの記入も必要。
お金に関する寄付は希望制だから書かなくても良いみたいです。
c0145750_0495699.jpg
・・・ってことで早速、私もトライしてみました。

まだ日本ではあまり有名じゃないらしく、私が今回利用した美容院でも
そんな注文をしてきたお客さんは初めてだって。

まぁ確かに・・・
「本日はカットになさいますか?」
「はい、髪の毛を寄付したいから束ねた状態で切って下さい。」

・・・こんな発言されたら目が点になるよね(笑)
いかに慣れた美容師さんでもカットの時は少し戸惑ってました。
実際、カットというかジブリのアシタカ、もしくは相撲力士の断髪式みたいだったなぁ。
c0145750_05011100.jpg
ちなみに私が今回切った髪の長さは32cm。

これをプラスチック袋に入れて、さらに封筒の中に入れて送るとのこと。
フォームの他に写真を同封すると、ちゃんと返事も来るんだって。

久々にショートカット。
これで髪を洗うのも乾かすのも楽チン。
そして・・・これからは髪を伸ばす目的が出来ました。
だから小まめに切るんじゃなくて約2年後にまた切りに行こうかな。
c0145750_0502991.jpg
実家に一旦戻って、仕事をし、スーツケースに荷物を詰め込み帰宅。

今日は中々減らない牛乳を減らすためにプリンを作りました。
プリンエルの粉と牛乳さえあればできるから簡単。
液が熱いうちにカラメルを流し込むと、ちゃんと下に溜まってくれます。
c0145750_0504133.jpg
まだまだ牛乳が残っているのでオムレツ作り。
具が多すぎて少し破けちゃったけど~・・・ま、いっか(笑)

その他は2つの炒めものとビーフシチュー。
ビーフシチューは今日で完食。
メーカーによって全く味が違うから、今度は違うルーで試そうかな。
c0145750_0505292.jpg
今日は貴重な体験が出来て満足。
自分の体のパーツが誰かの役に立ってるって嬉しいことだね。
[PR]
by senn0haru | 2009-04-06 22:50 | Diary