センノハル

senn0haru.exblog.jp

私の名前から付けたタイトル。 “タクサンの幸せ”。 私にとってタクサンの幸せや、日頃の些細な出来事をのんびり更新します。

ブログトップ

<   2011年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

上司の添乗

今日は夜から上司がお客様と食事をするので同行することに。

なんと偶然、祖父の家とお客様の最寄駅が一緒!
そんなわけで初対面のご夫妻にも拘わらず、話が弾みました。

食事は普段口に出来ないような物ばかり。
サザエ、白子、フグ、鮟肝等の魚介類が中心で、見た目も味も大満足。

そんな中、話題は上司の添乗話へ。

私は上司の添乗の仕方が羨ましいと思える程、見習う部分が沢山。
その中でバス内での現地ガイドインタビューや朝・夜散歩は何度か実行。

でも、絶対に真似できないものが1つ。

それは・・・
c0145750_13425435.jpg
『突撃! アポ無し、お宅訪問』です。

きっと感覚的にはヨネスケの『突撃!隣の晩ごはん』的なノリなのかな。

日本人は全く見知らぬ団体が訪ねてきて、
いきなり家を見せろって言われたら大半が断りそうなもの。

でも外国人は何とも寛容的。
・・・と言うよりも、家を見せたい人も結構沢山いるので驚きます。
なので意外にも成功率は高いみたい。

いつかはやりたい上司の真似。
でもレベルが高すぎて、ヒヨッ子の私にはまだまだです。
[PR]
by senn0haru | 2011-10-31 23:26 | Tour Leader

青線

午後から天気が崩れるという話だったけれど、
今日は祖父の家まで約6.5kmの道のりを自転車で行って来ました。
c0145750_1259163.jpg
そんな道中、発見したのがこの青線。

まだ見慣れないし、あっても活用していない人が大半だと思います。
実はこの青線、『自転車専用道路』なんです。

海外では自転車も車と共に車道を走るのが普通。
でも日本では自転車が走るのは大半が歩道。

たまに横断歩道で自転車専用の場所があったりするくらい。

昔は自転車が車道を走るなんてとんでもないと言われていたけれど、
ここ数年で少しずつ、自転車の道についての考え方が変わってきたみたいです。
c0145750_13132641.jpg
自宅を出発して約40分、無事、祖父の家に到着。

最近、自転車で遠出する時は携帯のマップ機能が欠かせません。
約30分遅れで父と母も祖父宅に到着。

久々に両親と祖父母、3世代で食べる昼食。

天気予報通り、雲行きが怪しくなってきたので
長時間の滞在を避け、帰りは父の車で自宅まで送ってもらいました。

祖母から昼食の残り物を貰ったので、夕食の支度が樂チン。
・・・と、思いきや、「お腹すいた~」と言う旦那。

結局、昼食の残り物は夕食前に全て旦那のお腹の中に消えてしまいました(泣)
c0145750_13184985.jpg
そんなわけで1からの夕食作り。
ナスも沢山貰ったので、麻婆ナス、納豆オムレツ、野菜炒め。

麻婆ナスの残りは朝食のピザにのっけよう。
野菜炒めの残り物は昼食の時に活用しよーっと。
c0145750_13233638.jpg
そして今日はデザートも作ってました。

このマンゴープリン、熱湯を注いで混ぜるだけの簡単レシピ。
100均で売ってて手間ひま要らずだし、美味しかったので買い貯めしちゃおう。

やっぱり料理もたまには楽チンが良いなぁ。
[PR]
by senn0haru | 2011-10-30 23:54 | Diary

ぞうれっしゃ

以前から父に誘われていたので、旦那と合唱団のコンサートに行って来ました。
c0145750_1136151.jpg
保母さんや他の合唱団のメンバーが集まって行われたコンサート。

3部構成になっていて、1部は保母さんのみ。
2部はお客さんである会場の子供たちも参加できるもの。
そして3部は父も出演している、私にとっても観たかったもの。
c0145750_11382557.jpg
こちらは2部のコンサート風景。

何だか『おかあさんといっしょ』に出てきそうな一コマで、
会場から参加してくれる子供たちを集う、ほのぼのした構成でした。

会場のお客さんの大半が、この保育園に通っている子供たちなんだろうなぁ。
c0145750_11404455.jpg
そして最も観たかった3部。

1~11まである歌は全て私が歌えるもの。
なぜなら私が20年以上前から、家族で歌ってきた歌だからです。

『ぞうれっしゃ』は第二次世界大戦中にあった実話をもとに作られた話。
当時、名古屋の東山動物園にいた4頭の象が登場します。

マカニー、エルド、アドン、キーコ。
この中のアドン、キーコは戦時中に亡くなり、
生き残ったマカニー、エルドが戦後、多くの子供たちの希望を与えます。
c0145750_114778.jpg
戦時中は食糧難もありますが、動物が暴れることを恐れ、
動物園では多くの動物が殺されることになりました。

戦争が終わると、観覧を再開した動物園に多くのお客さんたちが訪れますが、
生き残っているのは小動物ばかり。

そんな中、名古屋の東山動物園には2頭の象がいる、という噂を聞き、
当時の上野動物園の園長や子供たちが東京に1頭の象を貸してくれるよう志願。
しかし2頭の象は高齢で、支え合ってきた象を引き離すことを断念。

そこで象を東京に送れないのなら、子供たちを名古屋に送ろう。
そしてその際、に走った列車が『ぞうれっしゃ』でした。

この実話を小学校教諭の小出隆司先生が絵本にし、
それを知った高校教師の藤村紀一郎先生が皆で一緒に歌えるようにと作曲し、
『ぞうれっしゃがやってきた』が完成しました。
c0145750_1235875.jpg
コンサート後、近かったのでスカイツリー初接近。
私は東京タワーの方が好きですが、ここまで近づくと大きさに圧倒されます。

今回の会場までは自転車で来れる距離なので、
寒くなる気温や感じる季節、周囲の景色を楽しみながら帰宅しました。
c0145750_127949.jpg
夕食は白菜のミルクスープ、トマトパスタ、大根と人参と豆苗のきんぴら。
先日の八百屋のおかげで野菜たっぷりな内容です。

今回のコンサート、何度も参加し、
何度も観てきた『ぞうれっしゃ』だったので、
私の中で想うことは沢山ありました。

やっぱり藤村さんの、名古屋の『ぞうれっしゃ』は超えません。
でもいつか、全国の子供たちによる藤村さんの『ぞうれっしゃ』が実現し、
そしてその時には私も参加したいと思います。
[PR]
by senn0haru | 2011-10-29 23:29 | Diary

穴場発見

今の家に越してきてから約1年半。

仕事の関係上、あまり日本にいなかったこともあるけれど、
最寄駅から帰宅途中の道を少しそれた場所に、安い八百屋を発見!
c0145750_952621.jpg
これだけ買って・・・なんと455円!

スーパーも寄り道したら、野菜の値段が少し安くなっていたけど、
それでもこの八百屋には敵いません。
18時頃には閉まってしまうみたいだから、寄る機会は中々無いけれど穴場です。

余裕がある時に寄り道すると、同じ道を通っているのにとても新鮮。
また何か新しい発見があると良いなぁ~。
c0145750_955624.jpg
今日の夕食は旦那の希望のメニュー。

「したり顔鍋が食べたいー。」

したり顔鍋・・・??
あぁ、小栗旬のCMの白菜と豚肉をぐるぐる巻きにした鍋ね。

旦那は基本、鍋を食べる時に味付けはダシ&塩。
そこにお好みでポン酢を入れるのが好きなんだけど、今回はめんつゆ&みりん投入。
そのままでも食べられる味付けにしました。

他は岩のり玉子焼き、ナスと豆苗の味噌炒め。
鍋の白菜は包丁でカットして盛り付けて食べました。 ご馳走様でした~。
[PR]
by senn0haru | 2011-10-28 23:48 | Diary

山中湖写真

旅行記では載せられなかったけど好きな写真をアップしまーす。
c0145750_15481545.jpg
朝霧と山中湖と鳥たち。
添乗中も含め、旅行時は常に朝散歩をしたくなる私。
とても幻想的です。
c0145750_1549697.jpg
逆光じゃない富士山。
午前中じゃないと、ちゃんとした富士山の写真撮れないんです。

11月頃には白くなるかな??
春頃だとGW時はまだ雪が残ってるから綺麗な写真が撮れます。
c0145750_1554982.jpg
山中湖から旅籠屋までの道で見つけた紅葉。

空を見上げたら綺麗な紅葉を発見しました。
時間と心にゆとりがある時は色々なところに目を向けられます。
c0145750_15564722.jpg
富士急ハイランド内で見つけたイチョウの木。
綺麗な黄色で青い空に映えていました。

やっぱり秋って良いな~。
[PR]
by senn0haru | 2011-10-28 11:47 | Traveling(Japan)

平日 富士急ハイランド

約2年半ぶりの富士急ハイランド。

平日だけど天気や感謝デーパスポートの効果もあって混雑。
早速、どのくらい乗れるかに挑戦してみましょー!
c0145750_1314335.jpg
今日の富士急営業時間は9時~17時。

旅籠屋(山中湖店)近くから出てるバスだと
富士急到着(駅側・第2入園口)は最も早くても9時半前後。

ここからだと『ええじゃないか』が最も近いけれど、
やっぱりまずは新登場の『高飛車』に乗りたいので早速GO!
c0145750_135281.jpg
9時半頃、『高飛車』到着。
この時点で待ち時間約40分。

大半のアトラクションが9時から営業の中、
『高飛車』から最も近い『ドドンパ』の営業開始は9時半。
c0145750_137372.jpg
そんなわけで『高飛車』後は旦那を『ドドンパ』列に並ばせ、
私はその間に第1入園口付近のコインロッカーで手荷物預け完了。

この時点で10時15分。
『ドドンパ』の待ち時間は営業開始わずか45分で1時間20分。
ただこれは午前中にクリアしたいので頑張って並びました。
c0145750_13113390.jpg
その後は2時間待ちの『FUJIYAMA』・・・を通り過ぎ、
ほぼ待ち時間ナシ、意外にも旦那のお気に入り『トンデミーナ』へ。

11時50分頃から並び始めて20分前後で乗れます。
c0145750_13143298.jpg
12時20分、そのまま隣にある『マッドマウス』へ。

これは子供(身長110cm以上)も遊べるアトラクションだから、
大人にとって作りは少し小さ目。
小回りで若干痛いけど、あまり並ばずに乗れます。
c0145750_13181979.jpg
12時45分。 お次は空中ブランコの『鉄骨番長』へ。

これも30分前後で乗れるけど、注意すべきは寒さ対策。
乗客から聞こえる声は「楽し~!」とか「怖~い!」よりも「寒~い!」でした(笑)
c0145750_13212662.jpg
その後、本来ならばレストランでお昼を食べて、後半戦に挑もうとしたけれど、
ここで想定外な大誤算が2点。

1点は『グレートザブーン』向かいのレストランが休業していたこと。
そして最大の誤算は『ええじゃないか』が機械点検のため1台運行していたこと。

『ええじゃないか』は1台に乗れるのが20人まで。
通常は2台運行しているから、今日は待ち時間が通常の2倍・・・。
富士急到着時点でこの事実を知っていたら、最初に乗っておくべきでした。

なので13時20分から約2時間待ち。

私はその間、軽食を頬張るのが苦じゃないけれど、
ご飯は腰を落ち着けて食べたい派の旦那にとっては大大大苦行。
それでも人間、空腹だとイライラするように出来ているので、軽食を購入。

並んでから1時間過ぎた頃、『ええじゃないか』の運行は
今の列で終了というアナウンスがかかったので、お昼抜きで並んで正解でした。
c0145750_13331793.jpg
そしてやっぱりラストを飾るのは王道、運行15周年の『FUJIYAMA』です。

旦那には『FUJIYAMA』前に座って何かを食べようと話していたけれど、
『ええじゃないか』後、2人して猛ダッシュ(笑)

15時半頃、列が少なかったので、そのまま並ぶことに。
『FUJIYAMA』は1台に28名まで乗車可能。
しかも2台運行しているから、回転はとても早く、なんと30分で乗れました!

その後、座ってバタバタ軽食を食べた後、
16時15分から2回目の『FUJIYAMA』列へGO!
c0145750_13421176.jpg
『FUJIYAMA』は開園直後、もしくは閉園1~2時間前に乗るのがベター。
もし『ええじゃないか』が2台運行していら、あと何回『FUJIYAMA』乗れたかなぁ。

この時期だと閉園時間前に日没になるみたいで、
2回目の『FUJIYAMA』乗車中は太陽がもう沈んでいました。

夜の富士急ハイランドも楽しいけど、
12月頃、夜に乗る絶叫マシーンは“寒い”を通り越して“痛い”になるので、
やっぱりここに来るのは春、もしくは秋が良いなぁ。
c0145750_13454361.jpg
閉園後、予約した東京行きのバスが19時半過ぎなので、
近くの『ふじやま温泉』でのんびりすることに。

フリーパスがあれば入湯料が半額の750円になるのでお得です。

入湯料には館内着もタオルも含まれているし、
大浴場にはタオルも体を洗う用のタオルもあるから本当に手ぶらでOK。
c0145750_13481720.jpg
大浴場でのんびり露天風呂を満喫した後は、
やっと旦那の願いである“腰を落ち着けて”の夕食。
c0145750_1353817.jpg
私は山梨に来たからには食さねば、と言うことで放蕩を注文。

因みにもし『ふじやま温泉』に女性のみで来た場合、
4階の女性専用フロアにある仮眠スペースでず~っとゴロゴロできます。

今回の平日富士急ハイランド。
次回は今回の教訓を学び、開園と同時に入って、
何よりも最初に『ええじゃないか』に挑みたいと思います。

でも・・・
やっぱりどんなアトラクションも『FUJIYAMA』には敵わないな~。
[PR]
by senn0haru | 2011-10-27 23:50 | Traveling(Japan)

山中湖散策

今日から1泊2日で旦那と山中湖&富士急ハイランド旅行。
運転しない私たちの交通手段は大半がバスと電車。

今回は高速バス&富士急がセットのお得なチケットを購入。
2日間の行程と料金は以下の通りです。
c0145750_14532331.jpg
≪10月26日(水)≫
● 高速バス:東京駅11時半発、山中湖畔着14時。
● 観光:山中湖レンタサイクル『SANSUI』
● 温泉:『紅富士の湯』
● 宿泊先:素泊まりファミリーロッジ『旅籠屋(山中湖店)』

≪10月27日(木)≫
● 富士急路線バス:山中湖畔8時57分発、富士急ハイランド9時15分着。
● 観光:『富士急ハイランド』(営業時間:9時~17時)
● 温泉:『ふじやま温泉』
● 高速バス:富士急ハイランド19時37分発、東京駅22時26分着。
c0145750_14543280.jpg
● 往復高速バス&富士急ハイランドフリーパス:6,900円/1名
● 旅籠屋1泊(平日・レギュラーシーズン):8,400円/1部屋
● レンタサイクル2時間:1,000円/1名
● 紅富士の湯:630円/1名(タオルはレンタル) ※クーポン利用
● ふじやま温泉:750円/1名(タオル各種込) ※フリーパス割引
● 富士急路線バスは・・・スイカ、パスモ利用可のため覚えていません(汗)
c0145750_1531161.jpg
私たちを乗せたバスは平日のため、東名も混まず、
足柄SAで1度休憩を挟んだ後は時間通りに山中湖畔到着。

早速1周約13.5kmの山中湖畔を★から矢印方向に自転車で散策しました。
富士山周辺で有名な2つの湖、山中湖と河口湖。
河口湖の方が複雑な形をしていて、山中湖の方がシンプル。

でも今回、初めて知ったこと。
地元の人は山中湖の形を“クジラ”だと認識しているみたい。
なるほど、確かに~。
c0145750_15112037.jpg
サイクリングロード途中で立ち寄った紅葉祭りの終点にある展望台。
逆光だけど富士山が綺麗に見えました。
c0145750_15121047.jpg
思わず立ち寄ってしまった物語に出てきそうな可愛らしい建物。
自家製スイーツが食べられるカフェです。
c0145750_1516498.jpg
自転車を走らせてると紅葉だけではなくススキもたまに見かけます。
c0145750_15184372.jpg
逆光だけど綺麗な富士山。
でもまだ雪化粧には少し早いかな~。
c0145750_15354539.jpg
山中湖1周のご褒美にアイスをいただきま~す。

サイクリングロードは1周全て整備されているのではなく、
車道を走らなければいけない個所もあり、
そこが最も上り坂、下り坂になっている場所なので、お気を付け下さいね。
c0145750_15222315.jpg
そしてこちらが宿泊先の素泊まりロッジ『旅籠屋』です。

場所は山中湖畔のホテルマウント入口からまっすぐ約10~15分。
『紅富士の湯』の看板を通り過ぎたら3分くらい。
c0145750_15245146.jpg
フロントには無料のコーヒー、紅茶が用意してあり、
カップもあるので各部屋に持ち帰って飲むことが出来ます。
因みにオレンジジュースは朝食時のみ用意。
c0145750_1526884.jpg
さらに朝食時は数種のパンも用意してくれるので大助かり。
もちろんこちらも部屋で食べてOKです。
c0145750_1530921.jpg
部屋はこんな感じでカナリ大きめのベッドが2つ用意されているので、
子供が小さければ4人家族で泊まっても十分なサイズです。

レギュラーシーズンだと家族4人で1部屋10,500円。
今回、私たちは2人なので1部屋8,400円。
人数が多いほどお得になる料金設定。
c0145750_15404224.jpg
チェックイン後は早めに『紅富士の湯』へ。

この温泉、夏頃は富士登山観光客が帰りによる場所なので、
私が何度も立ち寄ってる温泉です。
c0145750_15421277.jpg
暗くなる前なら露天風呂から富士山が眺められる場所。
今回はもう暗くなってしまったから、星空と一緒に温泉を満喫しました。

そして夕食は前回、旦那が気に入った焼きカレー。
私はシーフードカレーを注文。

天気も良く、サイクリングに温泉に充実した1日。
明日の富士急ハイランドに備えて、今日は早めにおやすみなさ~い。
[PR]
by senn0haru | 2011-10-26 23:42 | Traveling(Japan)

冷蔵庫整理

急遽決まった1泊2日での旅行。

「これは冷蔵庫整理をしなければ!」と言うことで・・・
珍しく朝・昼・夕ご飯を全てアップしま~す。
c0145750_941246.jpg
コストコピザにオニオンスライス&ソーセージのせ。

2種のチーズとトマトだけのシンプルな味でも十分美味しいんだけど、
味に飽きてきたので、少しアレンジ。
やっぱりシンプルなものだとアレンジできるから良いなぁ。

朝食はピザと義母から貰ったリンゴでした~。
c0145750_962421.jpg
昼食は焼きそばご飯と岩のり&もやしスープ。

添乗中、旦那が残した焼きそば一玉。
2人分だと少ないからご飯も投入してみました。

そして祖父から貰った賞味期限の近い岩のり。
ご飯にのせるだけじゃ使いきれないので、最近、和え物でも活用。
c0145750_991562.jpg
そして夕食。

サツマイモごはん(ごま塩無いから白ごまでーす・涙)、岩のりスープ、
大根のきんぴら、豚キムチ、ナスとピーマンとオニオンの塩炒め。

これで冷蔵庫はほぼ空っぽ!

余ったサツマイモごはんは明日、おにぎりにしちゃおう。
残りのナスはめんつゆ漬けにして明日食べよう。

ご馳走様でした!
[PR]
by senn0haru | 2011-10-25 23:58 | Diary

今年の冬

春頃まで愛用していた冬物のダウン。

今回の南米添乗が砂漠地帯で砂まみれだったので
泣く泣く置いてくることに。
c0145750_9203178.jpg
それなので今年の冬はこれでいきたいと思いま~す。

イトーヨーカ堂で買った5,990円のダウン。
ユニクロの軽いダウン(確か1万円前後)も着たけど、こっちの方が好きでした。

・・・はい、安上がりな女です(笑)

でも添乗で秘境地域に行くと、必ずと言っていいほど
何かしら洋服を置いてくることになるから、
高いものよりも安物の方が気楽にお別れできるもんね。

今回はジーンズと100均ビーサン(ほぼ毎回)も置いてきたなぁ。
そしてここ数ヶ月で大量に洋服捨てたなぁ。

・・・どうやら最近、洋服捨てるのが趣味観みたいです(笑)
でも捨てないと洋服入らなくなっちゃうもんね。
c0145750_9274245.jpg
さてさて今日の夕食。

先日、友人家族から貰ったサツマイモで作った大学イモ。
祖父から貰った岩のりで作った小松菜の岩のり和え。
義母から貰ったこんにゃくサラダと新米、そしてキムチ鍋。

キムチ鍋と小松菜以外は全て貰い物で出来てます。
・・・はい、安上がりな女です(笑)

でも私の価値観的だと衣食住にはお金をかけず、
貯まったお金で旅行に行きたいタイプの人だから仕方ないか。

沢山貯めて(プライベートで)ぱ~っと長期旅行でもしたい今日この頃。
また南米、そしてアフリカは必ず行きたいなぁ。
[PR]
by senn0haru | 2011-10-24 23:14 | Diary
珍しく旦那が映画を観たいというので一緒に行って来ました。
私も前々から観たかったので興味津々。
c0145750_1739578.jpg
『ツレがうつになりまして。』

感想は“ある場面”を抜かして良い出来だったんじゃないかなぁ。
旦那にも尋ねたら、やっぱり“ある場面”が気になってしまったとのこと(笑)

でも作品の至る所に夫婦のほんわかした愛情が詰まっていて、
堺雅人&宮崎あおいというキャスティングもあり、ほんわか気分。
旦那はあんな夫婦関係を・・・羨ましがっていました(笑)

ご興味、お時間のある方、是非足を運んでみて下さいな。
[PR]
by senn0haru | 2011-10-23 23:38 | Diary