センノハル

senn0haru.exblog.jp

私の名前から付けたタイトル。 “タクサンの幸せ”。 私にとってタクサンの幸せや、日頃の些細な出来事をのんびり更新します。

ブログトップ

<   2011年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

主婦友の会

同中の仲良しグループ内で開催してきた主婦友の会。

それぞれの家で集まってご飯食べながら喋るだけなんだけど、
やっと最後の友達の家に行くことが出来ました。

仲が良いと言っても、結婚していなきゃ話せない内容ってあるから、
同中メンバー全員が揃った時に話す内容はほぼ無かったけど、
それぞれの悩みやこれからの生活についてをとにかく喋りました。

2周目は主婦友お泊り会にして、さらにさらに語ろうね。
今日は本当に有難う。
[PR]
by senn0haru | 2011-09-25 23:13 | Diary

祖父の物作り

7月24日にアナログ放送が終了。
その日、ちょうど祖父母宅にいて、映らなくなったテレビ。

今日、久々に祖父母宅に旦那も連れて遊びに行きました。
祖父母はすっかりラジオ生活になっていて、
テレビを観なくなった分、祖父は物作りの時間が増えたみたい。
c0145750_12251023.jpg
例えばお寿司の底の容器に枝や綿を貼り付けた風景画。
c0145750_12262746.jpg
例えばカレンダーの空を川として使用した風景画。

一見、何てことない作品に思えるかもしれないけれど、
私にとっては発想豊かな素晴らしい作品です。

祖父は現在、86歳。
百円均一に行ってはアイディアを見つけて来て色々な物作りに没頭。
石に顔を描いたり、紙粘土作品を作ってみたり。

絵も描くし、文章も書くし、メモを取るのも好きだから、
祖父の部屋は祖父のアイディアが本当にぎっしり詰まっています。

私も物作りが大好きなので『この祖父にしてこの孫あり』と納得します。
次に祖父母宅に訪れる時は、どんな作品が増えているのかなぁ。
c0145750_12344665.jpg
今日の夕食は祖父母宅で貰ったパン各種と、冷蔵庫片付け料理。

ポテトとコーンのポタージュは牛乳だけじゃなくて
ホワイトソースを加えると、より深い味になるから美味しかったなぁ。

マッシュするためのポテトも、ホワイトソースもレンチン。
寒くなって、暖かいものが欲しくなる時期。
もっと色々なポタージュに挑戦してみよーっと。
[PR]
by senn0haru | 2011-09-24 23:21 | Arts

地図で覚える歴史

今日は年に2度の会社での勉強会。

添乗員と言う仕事をしていると、中々日程が合わせられないから、
勉強会は何度か開催しているけれど、全て添乗中だったために今日が勉強会。
参加者は私含めて2名で、ビデオで数時間かけて世界史のお勉強。

でもオオカミに育てられたロムス、レムス(レムルス)から
1400年代から始まる大航海時代までの内容は以前、上司から学んだ部分。

シッカリ復習もしていたから、教え方を比較してしまいました。
c0145750_15273311.jpg
これは前回、上司から世界史を学んだ際に復習した自作ノート。

上司が歴史を教える際、言っていた最も大切なこと。
『地図を広げること』
それが如何に重要か改めて実感しました。

今回はビデオを見ながらプリントを穴埋めしていく勉強。
前回はプリントの穴埋めはもちろんだったけれど、地図を用いた勉強。

世界史には多くの国、戦い、人名が出てきて、
それがほぼ全てカタカナなので、世界史嫌いにとってはパニック状態。
丸暗記しようと思っても文字だけ覚えるのは大変です。
c0145750_15355255.jpg
更に私たち添乗員は一夜漬けの丸暗記なんてしていたら、
異なる国に行く度に、イチから勉強を始めなきゃいけないため更に大変。

でも歴史は縦軸(1つの国)だけでなく、
横軸(他の国々)にもあるため、多くの国とリンクしています。
そのため地図を用いて整理しながら覚えると理解が深まりやすいものです。

勉強する科目は苦手意識を持ったら終わり。
嫌いになったら好きになるのは大変だし、やる気もおきません。

でもどの科目だって教え方次第ではずっと好きでいられるもの。
歴史の場合、地図、ゴロ合わせ、歌etc、楽しめる要素は盛り沢山です。

更にイラストや小話が飛び出すと“漫画で覚える歴史”感覚。

今はどんどん国際的な世の中になってきているから、
歴史を学ぶ生徒のために、楽しめる教え方をしてほしいなぁと思います。
[PR]
by senn0haru | 2011-09-23 23:18 | Tour Leader

やりたかった仕事

2週連続で旦那の会社関係者と飲む私。

今日のテーマで面白かったことは・・・
『今までしていないけれどやりたかった仕事』

色々な意見や共通する意見が出る中で、
少し書けない内容もあるけれど、結構盛り上がりました。

でも中には「出来ることなら働きたくない」なんていう意見も(笑)

そんな中で私の番。
私が最もやってみたかった仕事は“ミステリーハンター”です。
c0145750_164251.jpg
ミステリーハンターとは『世界ふしぎ発見!』の中で
世界各国に飛んでクイズを出題したりするレポーターのことです。

一般公募ではなくモデルやタレント事務所からの推薦があり、
更にそこからオーディションを行って決定するそう。

ミステリーハンターの中で最も有名なのは竹内海南江(タケウチ・カナエ)さん。
なんと登場回数250回以上の強者ハンターです。

現在、私がしている仕事はミステリーハンターとは
それほど遠くない仕事かもしれないけれど・・・

出来ることなら1度で良いから経験してみたい仕事です。
[PR]
by senn0haru | 2011-09-22 23:50 | Diary

富士山制覇

ロシア人のお客様3名と弾丸富士山ツアーに行って来ました。

通常は富士登山と言うと『ご来光』で、
一般的なツアーだと5合目に昼前到着、昼食後に登山開始。
夕方前に7~8合目の山小屋に到着して夕食後に仮眠。
c0145750_14422392.jpg
深夜から登山を開始して、翌4時半過ぎに山頂到着。
ご来光後、5時ちょっと過ぎに下山を開始して、昼前に5合目到着。
(※ 去年のご来光写真です。)

昼食後に富士山を後にして温泉。
そして夕方に東京に帰着、という1泊2日コース。
c0145750_14495531.jpg
が・・・しかし、今回は朝6時頃に5合目到着。
そのまま登山を開始して同日の17時前に5合目に戻るという内容でした。

そして今は9月。
富士山の登山時期は7~8月下旬で、それ以外だとあまりお勧めできません。
何故なら登山時期以外だと山小屋がどんどん閉まってしまうから。
c0145750_14534249.jpg
今回の登山ではなんと6合目の安全指導センターがクローズ。
(※ 7~本8合目の山小屋は全てオープンでした!)

通常だと6合目で富士山情報を得たり、
不適切な格好の人を追い返したりしてるので、ここがクローズだと大問題。

富士登山は・・・

■ 5~6合目: “歩く”のみの簡単なコース。
■ 6~7合目: 階段がイッパイで難易度アップ。
■ 7~8合目:“登り”もわんさか体力的な難易度アップ。
■ 8合目~山頂: 酸素も薄く、体力的&精神的に難易度アップ。

以上を参考に、富士登山は簡単じゃないと思っていただけると幸いです(笑)

なんたって5合目到着時点で既に2,300m超えているから、
高山病にかかりやすい人は6合目にすら辿り着けません。
c0145750_15131151.jpg
でも今年は8月の天候が落ち着かなかったから、
登山シーズンはご来光見れない日が多かったんじゃないかなぁ。
(※ この写真は山梨県側。 左が河口湖、右が山中湖。)

ちなみに今回は6合目、そして本8合目以降の山頂も含めた山小屋がクローズ。
クローズしていると何が問題かと言うと、第1にお手洗い。
第2に売店や休憩場所が無くなること。

中には金剛杖を買って山頂の刻印を期待していた登山客も、
山頂で記念のお土産を買おうと思っていた登山客も、
本8合目の混雑お手洗いをパスして山頂まで我慢した登山客もいただろうに。
c0145750_15285544.jpg
でもシーズンを過ぎてからの富士登山では嬉しいこともあります。

1つは登山客が減るため混雑しにくくなること。
そして売店で商品の値下げが始まること。

・・・とは言っても、山頂近いとペットボトルは500円前後。
菓子パンも300~400円するので、セールしてても通常より高め。

なので荷物が重くても平気な人は事前に購入しておくのがベターです。
c0145750_1537272.jpg
そして大変な思いをしながらやっと山頂に到着!
(※ 去年の写真です。)

・・・とここで勘違いしてはいけません。

通常の『ご来光コース』だと、ご来光後に即下山なので
ほとんどの方が気づかずに満足して山頂を後にするのですが・・・
c0145750_15483597.jpg
富士山の標高は3,776m(「皆、南無~」のゴロ合わせで覚えました・笑)
ひとつ前の写真は“You Are Here”と書かれた黄緑色の囲い部分。
でも“本当の山頂”はオレンジで囲んだ剣ヶ峰なんです。
c0145750_15582787.jpg
ただ富士山のクレーター部分を歩く『お鉢巡り』は1周・約1時間半。

なので山頂に来た時点で更に1時間半耐え、
その上、下山の体力を温存できている方のみお勧めできる場所です。

ですが『ご来光ツアー』に参加しているお客様は
お鉢巡りをする時間は皆無です。

なので、もしお鉢巡りもしたい方は『ご来光&お鉢巡りツアー』
または『お鉢巡りツアー』に参加するか、個人で登山する形になります。
c0145750_1645646.jpg
そしてこれが本当の富士山山頂のモニュメント。

『富士山頂上・・・』ではなく、『日本最高峰富士山剣ヶ峰』と書かれ、
数個ある山頂モニュメントの中で唯一刻まれているのが・・・
c0145750_1684363.jpg
富士山の標高、3,776mです。

富士山は「一生に一度は登りたい山」と言われ、
富士登山経験者の大多数が「登るのは一生に一度で十分」と言う山。

私は今回で富士登山4回目。
去年はご来光2回、今年は悪天候での断念1回、そして制覇が1回。

去年のご来光は感動したけれど、今年はお鉢巡りまで出来て大満足です。
ただ・・・富士山は下山が最も疲れるし果てしなく感じる山。

登るだけなら何度挑戦しても構わないけれど、
下山になると滑るジグザグの砂利道をひたすら歩かなくてはいけないので、
プライベートで富士登山をするかどうかは・・・分かりません(笑)
c0145750_16312574.jpg
因みに今回の富士山で登山・下山に費やした時間は・・・

■ 5合目~山頂: 5時間半
■ お鉢巡り: 1時間半
■ 山頂~5合目: 2時間半

私が言うのもなんですが・・・驚異的なスピードです。
人として有り得ないくらい速いです(笑)

3名と言う少人数もあり、私も急かせたりしましたが、
今までのお客様の中で最も素晴らしい体力&精神力の持ち主です。
通常だと登山・下山、共にプラス2時間はかかります。

説得力に欠けますが、富士登山は競争ではないので、
自分のペース、体力に合わせ、無理の無い範囲で挑戦して下さいね。
[PR]
by senn0haru | 2011-09-10 23:36 | Tour Leader

ピザ

旦那が前からピザを食べたいと言っていたので、久々に作りました。
c0145750_14204493.jpg
1つ目は和風ピザ。

ナス、ひき肉、舞茸を甘辛く味付けして、
チーズ・・・ではなくマヨネーズとわけぎをトッピング。
c0145750_14224232.jpg
2つ目はスタンダードな洋風ピザ。

玉ねぎ、ベーコン、コーンと、
トマト缶半分にコンソメ、塩コショウ、砂糖を加えて水気飛ばしたソース。
その上からどっさりチーズかけて、最後はパセリをふりかけ。

ピザ生地はNZワーホリの時と同じで
薄力粉、卵、塩、水、油のみ。

・・・が、やっぱりセルフレイジングじゃないので膨らみませんでした(泣)


具沢山でボリュームあって、味は美味しかったんだけどな~。
また今度、違う具材でリベンジしよーっと。
[PR]
by senn0haru | 2011-09-09 22:19 | Diary

六角返し

昨日、恩師から教えてもらった名刺で作れる多面体。
実はもう1つ教えてもらったものがあります。

それは『六角返し』と言って・・・
c0145750_18424351.jpg
こんな形をしています。
その名の通り、六角形の紙を中央で返していくと・・・
c0145750_18435650.jpg
また違う絵が表れて、
更にひっくり返すと・・・
c0145750_18442960.jpg
また違う絵が表れます。

計3種類の絵が六角形に描けるので、
この絵をひっくり返すと・・・
c0145750_18455821.jpg
また太陽が表れます。

永遠にひっくり返すことが出来る、何とも不思議な六角返し。

3種類の絵が描けるから、
『卵 → ヒヨコ → ニワトリ』等、関連性があるものを描くと面白いです。

糊付けをする場所がポイントなんだけど、
作り方については次の機会にお教えしますね。
c0145750_18495678.jpg
今日の夕食はこんな感じ。

全体的にはアッサリだけど、
ハンバーグはかなりボリュームあって、満腹になりました。

時間がある中で作る料理って楽しいな~。
[PR]
by senn0haru | 2011-09-08 23:39 | Arts

折り紙会館

今日は久々に大学の恩師と再会。
近況や仕事についての相談をしてきました。
c0145750_18562337.jpg
恩師の学校付近にあるカレー屋さん。

マトンとほうれん草マトン、野菜、ココナッツ&エビのカレー。
私は辛い物が好きだけど、お勧めは意外にも甘いココナッツ&エビカレーでした。
c0145750_18584065.jpg
そしてこのパフォーマンスが見たいためにマサラチャイをオーダー。
2人してデジカメ片手に「おぉ~!」と、歓声。
c0145750_1902033.jpg
食後は恩師の部屋に行き、色々な話をしながら・・・
カレー屋さんでくすねた名刺(笑)を使い、多面体講座スタート。

実は矢車菊も花菱も恩師から教わったので、
彼に会う度に新しい多面体を学ぶことが出来るんです。
c0145750_1924885.jpg
でも今回の多面体は折り紙ではなく、名刺6つで作るのがベスト。

組み立てる際にシッカリ合わさる固い紙の方がベターだから、
恩師のお勧めは無印にある名刺サイズのメッセージカードなんだとか。

作ってみて・・・なるほど。
確かにシッカリした紙じゃないと、組み立てられないと実感。
しかも最後は爪楊枝で調整が必要です。
c0145750_1981069.jpg
そんな恩師に御茶ノ水の『おりがみ会館』なるものを教えられ、
帰り道だったこともあり、恩師と別れた後に直行。
c0145750_1995260.jpg
〝折り紙”と言うよりも、和紙を扱っている場所だったけれど、
“鶴”をベースにした色々な作品を見ることが出来ました。
c0145750_19115032.jpg
こちらは動物コーナー。
c0145750_19122316.jpg
近くで見ると少し怖いマスクコーナー。
c0145750_1913213.jpg
50羽の鶴を組み合わせて作った菊の花。
c0145750_19142751.jpg
因みに国旗や動物コーナーのバックの暖簾のような部分は、
全て1つの和紙を連鶴にして作り上げています。

とても気の遠くなるようなこの作業。
いくら折り紙好きの私でも出来ない根気強さを感じます。

いつか石川県の折り紙ミュージアムにも行きたいなぁ。
[PR]
by senn0haru | 2011-09-07 23:53 | Arts

南米

私が個人的に行きたい場所。

南米かアフリカ。

アフリカは本土じゃないけどマダガスカル添乗が実現し、
南米は新婚旅行時にチリ領である3,800㎞離れたイースター島に行ったきり。
c0145750_945367.jpg
でもついに来月、南米添乗が決まりました!

ヨーロッパや東南アジアとは全く違うから、
ゼロから勉強しなきゃいけないため、ひたすら山積み資料との格闘だけど、
やっぱり行きたい場所に行けるって嬉しいです。

いつか(治安が大丈夫なうちに)南米一周したいなぁ。
c0145750_971955.jpg
今日の夕食はこんな感じ。

今月は主婦業に専念できそうだから、洗濯物も大量に干したし、
掃除機もかけて、トイレ掃除やお風呂掃除もしたし、
仕事が多忙でも家事と両立させたい葛藤は日々あるもんね。

でも何でも簡単に手間暇かからず出来る方が良いから、
今回、レンチン料理が2つ。

モヤシとキノコのバター醤油蒸し。
ワカメと大根の葉のふりかけ。

チンジャオロースは筍ないけどボリューム出すためにナス入り。
昨日、鍋で余った豚肉を細切りして生姜と醤油で揉み込んで冷凍庫いれたもの。
味付けが気に入った旦那、余ったタレにご飯いれて完食。

1つだけ拘ったのは意外にもお味噌汁。
味噌をブレンドすると美味しいと聞いていたので、
白みそと友達から貰った赤みそをブレンドしてみました。

料理は時間に余裕さえあれば楽しいなぁ。
これで野菜の値段が下がれば、もっと色々なものを買いたいです。
[PR]
by senn0haru | 2011-09-06 22:58 | Tour Leader

写真替え

今年に入ってからコルクボードに貼り付けていた添乗写真。

昨日までは1月~4月バージョンだったけど、
今日、5月~8月バージョンに貼り替えてみました。
c0145750_2316272.jpg
マダガスカル写真がデジカメではなくPCに入っちゃってるから、
時間がある時に焼き増ししなきゃなぁ。

そして今まで貼っていた写真はアルバムに貼り直し。
旦那がアイスランドとモン・サン・ミッシェルの気に入ってました。

地理も名前も含めて世界に無知の旦那だから、
写真を貼っていれば私がどんな場所に行ったか少しは分かるはず。

次に写真の貼り替えをするのは年末頃。
それまでにどんな国でどんな写真が撮れるか楽しみ。
c0145750_23221869.jpg
さてさて帰国後、久々の料理。

なんと家の冷蔵庫に白滝と卵しか入っていないという事態。
そんなわけで自動的にキムチ鍋になりました。

ここ2日間、外食で出費が激しかったけど、
今はスーパー行っても全体的に野菜や果物がお高め。
これは安い日を狙ってまとめ買いしなきゃだね。
[PR]
by senn0haru | 2011-09-05 22:09 | Diary