センノハル

senn0haru.exblog.jp

私の名前から付けたタイトル。 “タクサンの幸せ”。 私にとってタクサンの幸せや、日頃の些細な出来事をのんびり更新します。

ブログトップ

<   2010年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

国内 Day⑪

今日は結構バタバタなスケジュール。

広島 → 大阪 → 和歌山(高野山)

最も移動距離が長い日だけど、数日前の天気予報では台風直撃だったから、
まず新幹線が動くかどうか心配だったんだよね。
c0145750_15111281.jpg
まず朝、8時頃に原爆ドームへ。

春と秋は多くの修学旅行生がいるから、
北海道から来た中学生や、千羽鶴を持つ小学生にも会いました。
c0145750_15132042.jpg
その後、8時半のオープンに合わせて平和記念資料館へ。

広島に原爆が投下されたのは1945年8月6日の8時15分。
当時の広島人口35万人(推定)のうち、14万人が亡くなったという。

そして長崎への原爆投下は9日の11時2分。
当時の長崎人口24万人(推定)のうち、7万4千人が亡くなったという。

私は小学生時代、家族旅行で長崎の原爆資料館や
沖縄のひめゆり平和祈念資料館に訪れたことがあるけれど、
戦争について学ばなきゃいけなくても目を逸らしてしまう記録が多々あった。

大人になって訪れた広島の資料館でも同じような気持ちになった。
館内に入った瞬間、何かを感じたり、具合が悪くなったり。

戦争を経験している人とは異なり、ただ訪れているだけなのに、
こんな気分にさせてしまう戦争の力には言葉を失います。

お客様も色々な資料や映像にショックを受けていて、
早く母国の戦争が終わることを願っていました。
c0145750_15351032.jpg
2時間ほど記念館に滞在し、新幹線で新大阪へ。

その後、長時間バスを走らせ高野山へ。
お寺への宿泊と聞いた時、まるで修行をしに行く気分になり、
精進料理、お風呂・お手洗い共同、廊下の雑巾掛けなどを頭にめぐらせた私。

でも到着してみると、肉・魚はないけれど想像より遥かに豪華な食事だし、
特別にお風呂・お手洗いが付きの部屋に案内してくれたし、
廊下の雑巾掛けもないし、厳しいお坊さんもいなくてビックリしました(笑)
c0145750_1543287.jpg
夜散歩は周辺が暗く寒かったので、早々お寺に戻るお客様多数。
でも根気よく歩いていくと、一ヶ所だけ綺麗にライトアップされた場所を発見。

そしてこの『蛇腹道』という140mの参道を抜けると・・・
c0145750_15412097.jpg
綺麗にライトアップされた大伽藍と大塔の鐘が出現。

寒い中、頑張って歩いたご褒美かな。
一緒についてきたのは少人数だったけど、お客様全員満足のご様子。

今後、高野山へ行く機会があれば是非立ち寄ってみて下さいな。
[PR]
by senn0haru | 2010-10-30 22:06 | Tour Leader

国内 Day⑩

今日は大阪から新幹線で一気に広島へ。
広島は私も初めての場所だからとっても楽しみ。

広島に着くと早速フェリーで日本三景になっている宮島へ。
c0145750_1461458.jpg
c0145750_1463425.jpg
宮島と言えば世界文化遺産にも登録されている厳島神社。
鳥居も引潮時だと浜に建っているけど、満ち潮に近い状態で撮れました。

そして偶然にも観光中に和装の結婚式が始まり、
お客様たちは大興奮。

今回は結構、多くの神社に行っているから、結婚式や七五三が見れて、
生で日本の文化に触れられる機会が持てて嬉しいなぁ。
c0145750_1413599.jpg
因みに宮島とフランスのモン・サン=ミッシェルは観光友好都市になっています。

理由は共に世界文化遺産であり、美しい海に浮かぶ小島で、
信仰の聖地として千年以上の歴史を持ち、世界から観光客が訪れ、
国を代表する観光地だという多くの共通点からみたい。

まだ訪れたことのないモン・サン=ミッシェルですが、
ぐっと距離が縮まり、親近感を持ちました。
c0145750_14271819.jpg
そして広島に行ったら必ず訪れたかったもう一つの場所。
それが平和記念公園です。

記念碑の奥に“原爆ドーム”と呼ばれるようになってしまった産業奨励館。
日本人のみでなく世界中の人たちが戦争を語るうえで欠かせない場所。

今回のお客様の国もまだ戦争をしている国だし、
大半が戦争を経験しているから、私なんかより遥かに戦争に対する意識が高いです。

平和記念資料館に訪れるのは明日だけど、
明日は大阪に戻らなくちゃいけなくて、きっとバタバタしちゃうから、
今日、ゆとりを持ってこの場所に来れて良かった。
c0145750_1436363.jpg
さてさて広島で有名な食べ物といえば“お好み焼き”です。

そんなわけで夜はお客様を『お好み村』に連れて行き、
その中の1店舗でお好み焼きをいただきま~す!

今回、私と現地ガイド、お客様含めて22人だから、
さすがに全員が1店舗のお店には入りきらなかったけど、
お客様たちはそれぞれお好み焼きを堪能した様子。

実は私の家系、何故か大阪風お好み焼きではなく、
広島風お好み焼きで育ったから、こっちの方が親しみがあります。

なので初めて東京でメジャーな大阪風お好み焼きを作る時に、
具材を全て混ぜて焼いて中までちゃんと火が通ってるか不安でした(笑)

それにしても素晴らしい手捌き。
お好み焼きを焼いて10年になるそうで、息の合ったショーみたいです。
c0145750_14483739.jpg
そしてなんと偶然、隣のお店で有名人発見!
4人の力士のうち、右から1番目が元大関の『雅山』です。

私は相撲に詳しくないので彼が本物の雅山か分からないけど、
きっと写真を見せたら祖父母が喜ぶはず。

実は明日から広島場所が始まるため、
私たちが滞在しているホテルにも多くの力士が泊まっていました。
きっとこのお店で何時間も滞在していたら多くの有名力士に会えるかも??
[PR]
by senn0haru | 2010-10-29 23:52 | Tour Leader

国内 Day⑨

今日は名古屋から大阪への移動日。
その際、少し滋賀県のレアな『ミホ美術館』に立ち寄りました。

その後は大阪のスカイビル展望台へ。
c0145750_13333452.jpg
この展望台、『空中庭園』という名がついていて、
昼はヨーロッパ人、夜はアジア人にのお客様に人気の場所。

でもここは展望台であって“空中庭園”という感じはしないから、
お客様の何名かが空中庭園(展望台)で“空中庭園”を探していました(笑)

個人的には夜に訪れる方が綺麗な夜景が一望できてベターかと思うけどなぁ。
c0145750_1337189.jpg
その後はなんば散策。

大阪は何回か行ったことがあるけど・・・
それ以上に『龍が如く』でこのエリアは何度も往復してる場所。

なので普通の観光客とは違った目でなんばエリアを散策してます(笑)
「ここもあそこも同じだ~!」 頭の中はそんな言葉がグルグル。
c0145750_1342194.jpg
そんな中、今回初めて見つけたフローズンヨーグルトのお店。

L.A.発で、海外だと日本とメキシコにしかない『ヨーグルトランド』
しかも日本では沖縄と大阪の3店舗のみです。

このお店、16種類のフレーバーと25種類以上のトッピングがあって、
注文するんじゃなくて全てセルフサービス。
最後にカウンターで量(100g/210円)を量ってお会計という仕組み。

このお店・・・アイス好きにはたまりません。
東京にも出店しないのかな~。
でも東京出店したら・・・頻繁に通っちゃいそうです(笑)
[PR]
by senn0haru | 2010-10-28 22:28 | Tour Leader

国内 Day⑧

世界各国には日本国内では有名でなくても、
特定の国で知らない人はいないというほど有名な日本人は多々います。

今日はユダヤ系の方に縁がある場所へ。

杉原 千畝

本名は“スギハラ・チウネ”だけれど名前が発音しにくいため、
海外では“センポ・スギハラ”として有名な彼。

私は今回のツアーで初めて彼のことを勉強したけれど、
今は日本の英語の教科書にも出てくるみたい。
c0145750_12241016.jpg
彼は第二次世界大戦中、ユダヤ系難民に対して大量のビザを発給し、
自らの危険を顧みず彼らの亡命の手助けをした外交官です。

そしてここがビザの発給を再現した場所。

当時、日本とドイツは同盟国だったにも拘わらず、
ドイツの命令に背き、“命のビザ”を発給し続けたんだよね。

彼が発給したビザの数は2000件以上、
子供に対しては大人が連れて行けばいいと考えたため、
合計で6000人を上回るユダヤ難民の命を助けたことになります。
c0145750_1231059.jpg
記念館のすぐ近くには人道の丘モニュメントがあり、
時間になるときれいなメロディーを奏でます。

今回のお客様は60代~70代の方たちだから、大半が戦争経験者。
それなので彼の映像を観て、涙を流す方もいました。

また自分たちの英雄である彼の記念館があまりにも小さいことに、
そして彼の歴史が簡略化されていることにショックを受けた方もいました。

日本では知られていない数多くの功績を遺した日本人。
私たちは今後も様々な国から英雄となった日本人について学ぶんだろうなぁ。
c0145750_12405933.jpg
さてさて午後からは名古屋に向かい、トヨタ自動車の工場見学。

この国の人たちは車やバイクが大好きなので、
組み立て工場を見学している間中、子供の様に目を輝かせていました。

ガイドさんに聞くと社会科見学に来る小学生より遥かに反応が良いとのこと(笑)
中には「今日はここに泊まりたい!」と言う方もいました。

ただ私は皆が車に注目する中、ショールームのロボットに興味津々。
なんと指定された時間になるとトランペットの演奏を開始。

私たちが聞いたのは『Over the Rainbow』と金曜ロードショーのテーマ。
個人的にはルパン三世のテーマや『世界に一つだけの花』が聞きたかったんだけど、
海外のお客様と一緒に来ているから、皆が知っている音楽の方が良いもんね。

その後はホテルにチェックイン、夜から名古屋の街を散策。
お客様と別れると私はその足で地元の友達に会うため名古屋駅へ。

実は来月、彼女が友達と2人でお店を出すことになり、
偶然、数日前に連絡があり、お店のビラ用イラストを頼まれたんです。
c0145750_1333675.jpg
そんなわけで彼女に会う前、バスの中で描いたビラ用イラストの下描き。
描いて写メって送信、描いて写メって送信。
再会までに彼女が望む具体的なイメージを掴みたいからね。

友達から送られてきた写メと要望をもとに描いた1枚目。
「要望にはそえてるけど、可愛いすぎてウチラのキャラには合わ~ん!(笑)」

次は随分タッチを変えて元気っぽくした2枚目。
「大分良いけど、筆ペンで描くから、もっとシンプルで雑な感じが良い!」

そして当日、彼女と会って話しながら描いたイラストが・・・
c0145750_1384713.jpg
こんな感じで~す!
彼女も彼女の友達も満足してくれたみたい。

彼女はハッキリとした意見を言ってくれるから修正がしやすいし、
お店を出すにあたってのヤル気が伝わってくるから、
こっちまで描いていて楽しくなります。

夕食も含めて2時間くらいしか一緒に入れなかったけど、
お店が落ち着いた頃にワーホリ仲間を連れて遊びに行くからね!
[PR]
by senn0haru | 2010-10-27 23:16 | Tour Leader

国内 Day⑦

c0145750_16101059.jpg

c0145750_16101049.jpg

今日は午前中に朝市を散策。
その後にメインの白川郷へ。

合掌造りの家が建ち並び、
そこで生活してる人達との交流もできます。

高山の一部も日本らしさがあるけど、
白川郷の風景もとても好きです。

何だか田舎のお祖母ちゃんを連想させる場所。
その中でも大きな家である『和田家』を訪問。

相変わらず靴の脱ぎ履きには時間がかかるけど、
お客様は違った日本らしさを堪能した様子。

高山から白川郷までの道程には
所々、雪が残る場所もありました。

秋を通り越してイキナリ冬に突入。
景色は良いけど思ったよりも寒いので、
山に備えて服を買い込まないとマズイかな?

因みに今回の夕食は再び鍛冶橋。
なんと全員大集合で、店員さんもビックリ(笑)

今度は何国籍のお客様を連れて
ここに来よっかなぁ。
[PR]
by senn0haru | 2010-10-26 23:10 | Tour Leader

国内 Day⑥

c0145750_1536947.jpg

c0145750_1536999.jpg

今日は高山までの長距離移動。

ただ今の時期の紅葉はとても綺麗で、
ダムも合わせて見れる場所があるので
運転手さんの計らいでストップ。

ダムが無く、水が少ない国のお客様だから
この立派なダムには大興奮。

高山に到着後は小京都を散策し、
初で屋台会館、日光館も観光。

神輿や日光の建築物を堪能し、
昼食はカナリの人数で鍛冶橋へ。

お客様は“日本らしさ”を求めて来たから、
高山がとっても気に入ったみたい。

そして今日、学んだこと。

彼らは意見がある時は、
その場で話さないと気が済まないということ。

雨が降ってても、信号が青でも、
その場に立ち止まって話し始めます。

日本人はどちらかと言うと、
意見があっても内に秘める人が多いから、
彼らの性格を少し取り入れられたら、
ストレスの堪り方が違うんだろうなぁと思いました。

言いたいこと言って、裏表が無くて、
何十年も家族のような付き合いをしてるお客様。

彼らのことを理解してないと誤解することも多いけど、
とても素晴らしい方達です。
[PR]
by senn0haru | 2010-10-25 22:36 | Tour Leader

国内 Day⑤

c0145750_1154511.jpg

c0145750_1154577.jpg

今日は箱根から長野県の松本へ。
そして午前中は前日に観光できなかった大涌谷見学。

皆、黒玉子に興味津々で、
最前列を陣取って写真撮影。

でも日本のスーパーで売られている卵の値段にビックリする一同。
そりゃあ日本の卵は新鮮だし、
賞味期限が1ヶ月以上なんて有り得ないもんね。

だから海外でご飯の上に生卵乗せて食べると、
相当ビックリ&心配されます(笑)

大涌谷ではロープウェイで下っていったんだけど、
生憎の天気で富士山は見れず…。
昨日、途中で立ち寄っておいて良かったぁ。

松本城では皆に侍気分を味わってもらったんだけど、
外国の人ってあまり靴を脱ぐ習慣が無いから
入口も出口も20名以上のお客様で大混雑。

紐を解いて紐を結んで…
そのまま脱げば良いのになぁ。

そして彼らについて分かったこと。
アイスとお菓子が大好きで、
バス内ではお菓子を絶やさず、
アイスは最低1日に1回食べます。

観光が忙しいと昼食を食べない時もあるけど
朝食でパンを大量に食べてるし、
バスでもお菓子をモグモグ。

それじゃあお腹空かないよね(笑)
[PR]
by senn0haru | 2010-10-24 23:05 | Tour Leader

国内 Day④

c0145750_10425766.jpg

c0145750_10425757.jpg

今日から東京を離れて箱根に移動。

天気が良かったので途中で富士山を撮影。

やっぱり日本を代表する山だけあって
お客様も大興奮で写真撮ってました。

ただ土曜日だけあって道路は何処も大渋滞。

芦ノ湖の海賊船クルーズ

彫刻の森美術館

今回はこの二つで観光は終了。

箱根のホテルは小さめだったので、
夜散歩に出かけたはずが…
何故か途中からホテル探しに変更(笑)

何処のホテルも満室だったから、
「箱根のホテルだけは我慢してもらおう」
そう思ったんだけどなぁ。

ただ、面白かったのは…

「あそこのホテルはは千円だ!」
「こっちも千円よ!」

そうやって嬉しそうに尋ねるお客様。
それは………駐車場代だってば(笑)

年齢は60~70代なのに、
好奇心旺盛で心はとっても若い彼ら。
楽しい旅になりそうです。
[PR]
by senn0haru | 2010-10-23 22:42 | Tour Leader

国内 Day③

c0145750_81211100.jpg

今日は早朝4時過ぎにホテルを出発し、
築地のフィッシュマーケットへ。

お目当ては140人限定のマグロの競り。
早い人だと3時台に並んでいたみたい。

私たちは後半グループで5時40分からの見学。
マグロの大きさや量にも驚くけど、
やっぱり競りの迫力が最も新鮮だったなぁ。

「ニーゴー!ニーゴー!」

ベルを鳴らしながら叫ぶ人と、
手を挙げてマグロを競り合う人たち。

因みに25(ニーゴー)は1キロで2500円のこと。
マグロの大きさは20~300キロとのことだから・・・
朝からカナリの額が動いてるんだねぇ。

築地からホテルに戻ると既に7時過ぎ。
今度は9時にホテルを出て再び観光再開です。

皇居 → 明治神宮 → 表参道・竹下通り
→ 銀座 → 東京国立博物館 → アメヤ横町

今日も大分詰め込みな観光だったけど、
和装の結婚式や七五三が見れたり、
日本ならではの経験が出来たんじゃないかな。

明日から長距離移動だから
それまでに時差ボケ直してもらわないとね。
[PR]
by senn0haru | 2010-10-22 19:05 | Tour Leader

国内 Day②

c0145750_2355791.jpg

今日から始まった東京観光。

江戸東京博物館 → 秋葉原 → スカイツリー → お台場

そして夜からは電車に乗って、
新宿を散策しました。

その中で今日、面白かったことが二つ。

一つは浅草で引いたおみくじが“凶”だった時、
持ち帰らずに結ぶ場所を指示したら…

「凶じゃイヤよ~!」

そう言ってケース中におみくじ戻してました(笑)

もう一つは新宿の散策で最も盛り上がったのが…
“ラブホテル探し”だったこと(笑)

この国は若者より60代以上の方が
実はそーゆぅ場所に興味があるみたい。

「あらっ!まぁ!やだ!」
そんなことを言いながら、シッカリ写真撮ってました(笑)

明日も楽しい観光になると良いなぁ。
[PR]
by senn0haru | 2010-10-21 23:05 | Tour Leader