センノハル

senn0haru.exblog.jp

私の名前から付けたタイトル。 “タクサンの幸せ”。 私にとってタクサンの幸せや、日頃の些細な出来事をのんびり更新します。

ブログトップ

<   2010年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

引っ越し

結局、あれから荷作りが終わらず、
やるとこまでやったら旦那に託して始発で新宿へ。
c0145750_3254749.jpg
朝の新宿は静かすぎて不思議。
これが渋谷だとまた違ってくるんだけどね。
c0145750_328479.jpg
ホテルに到着して、お客様と出発したのが6時過ぎ。
今回のお客様はフィリピン人の家族が2組で、計8名でした。

● 私が彼らにしたことはタガログ語での自己紹介
● 折り紙でお客様分の飛ぶ鳥制作
● カタカナで飛ぶ鳥にお客様の名前を書くこと

これは私の経験で感じた何処の国でも使える外国の人の喜ばせ方。
本当に皆喜んでくれて、ボードもしっかり見てくれました。
c0145750_3342992.jpg
仕事が終わったのは7時半過ぎ。

その足で実家帰省をし、休む暇なく自転車購入。
実家に要らないものを置き、いるものをスーツケースに詰めて、いざ新居へ。
c0145750_3362121.jpg
新居に到着して30分もしないうちに引っ越し業者も到着。
予想よりはるかに早く、荷物の運び出しが完了していたらしいからギリギリ。

ちなみに今回はアーク引越センターに依頼しました。
手際が良くて親切で、本当に素晴らしい動きでビックリです。
c0145750_3422064.jpg
約1時間で何もなかった部屋がこの通り。

私は何もすることが無くて、業者が帰るまでボー然(笑)
ただ「それは寝室で!」「それは奥の部屋で!」というような指示出しのみ。
c0145750_348347.jpg
途中から両親も買い出し等で駆け付けてくれて、
何とかこんな感じまで整理しました。

とりあえずまずはどの段ボールに何が入ってるかの把握をしなきゃだから、
とにかく全ての段ボールを開けて、何が入っているかチェック。
自分で詰めたのは良いけど、旦那が詰めたものまでは分らないもんね。

この段ボール、私が中国行く前までには何とか片づけたいなぁ。
[PR]
by senn0haru | 2010-05-31 23:23 | Diary

インバウンド業務

明日は引っ越し当日なのに早朝から空港送迎というインバウンド。
そして今日までに荷作りをしなきゃいけないのに同日にTOEICテスト。

何だか怒涛のスケジュールなのが信じられません(笑)
c0145750_365392.jpg
朝食は冷蔵庫整理のためにコンソメ味の野菜スープ。
野菜スープは冷蔵庫整理の強い味方だね。

大量に作ったから、夜はルーでも入れてカレーにしますか。
c0145750_3124357.jpg
そして話は飛んであっと言う間にTOEIC終了。

よく「勉強出来なかった」って言い訳をする人がいるけど・・・
本当に今回は勉強できなかったなぁ(笑)
でも改めて私はリスニングとリーディングの能力に差があると思いました。

その後、会社に寄って、インバウンドと海外添乗の準備。
時間はいくらあっても足りないけれど、荷造りが間に合わないので帰宅。

荷作りをしつつ、暇な時間を見つけて明日のインバウンドで使用するボード制作。
必要無いって言われたけど、やっぱり作りたい私。
しかも拘りたいから日本らしく和柄の折り紙で囲んでみました。
c0145750_3191962.jpg
・・・と物足りないので、鶴まで飛ばしてみました(笑)

ボードなんて最初の1分くらいしか必要無いから、
ここまで拘る人も少ないかもしれないけど、日本を伝えるって大切だし、
少しでもお客様に喜んでほしいし、私が出来ることはなるべくしたいもんね。

引っ越しもインバウンドもあって盛り沢山だから、明日は気合で乗り切るぞ~!
[PR]
by senn0haru | 2010-05-30 23:58 | Tour Leader

高山病

『高山病』とは、低酸素状態に置かれた時に発生する症候群。

私の海外初添乗は高山なので、心配になってくるのはやっぱり高山病。
私自身は高い所は平気で、小さい頃から山には慣れていたし、
NZにいた頃もトレッキングは結構していました。
c0145750_029582.jpg
でも今回行く場所は標高3,000m以上の場所。

ツアー参加者の大半が60代にも拘らず、8日間のうちの半分は高山で過ごし、
バス移動では4,000mを超えることもある日程です。

そんなわけで今日は高山病経験者から色々レクチャーしてもらいました。
c0145750_045952.jpg
その結果、分ったことは、とにかく酸素を取り込み、血の巡りを良くすること。

● なるべく深呼吸を心がける。
● 水を普段の2倍以上飲み、トイレにも頻繁に行く。
● 飲酒、喫煙、過度な運動、大声を出す行為etcは避ける。

意外だったのは高山病の初期症状であれば、市販の頭痛薬が有効だということ。
その他にはミントアメ等で乾燥対策をしたり、
鼻孔拡張させるブリーズライトを使用するのも良いみたい。

ただこれはあくまでも予防だから、本当に高山病になってしまったら、
しばらくその場に留まる、もしくは500m以上下山するといった対処法もありました。
c0145750_0552940.jpg
帰宅して夕食作り。
高山病だけじゃなくて色々なレクチャーを受けていたら、
あっと言う間に時間が過ぎてしまいました。

でもそのおかげで高山病の知識がカナリついて、
最も大切なのは『あまり心配し過ぎない』ということが分かりました。
『病は気から』というように心配し過ぎると本当に具合が悪くなるみたい。

それと併せて大切なのは『頑張らない』ということです。
これが日帰り、または最終日なら頑張っても良いかもしれないけど、
旅行は帰宅するまでが旅行だから、途中で体調不良になったら楽しめないもんね。
c0145750_12440.jpg
さてさて今日のデザートはマドレーヌ。

実は旦那の最も好きなスイーツが友達の母親が作るマドレーヌなんです。
今度、手作りマドレーヌが食べたいと言っていたけれど・・・
大好物だと厳しい評価がついちゃいそうだなぁ。
[PR]
by senn0haru | 2010-05-25 23:19 | Tour Leader
今日は前職の同期とイクスピアリへ。
当初はディズニーシーの予定だったんだけど、天候が悪いから急遽変更。
c0145750_23471743.jpg
ずっとコンタクトは取っていたけど、会うのは大分久しぶりだったから、
何だかとても懐かしくて嬉しくて心が落ち着きました。
c0145750_23484812.jpg
まず向かった先は『モンスーンカフェ』

ランチしながらやっぱり始まったのはガールズトーク。
私たちはもう“先生”じゃないけど、何だかんだ前職の話が主だったなぁ。
きっと何年先に会っても同じなんだと思います。
c0145750_23515222.jpg
数時間お喋りをした後はブラブラしながらジェラートを堪能。
これはダブルでフレーバーはブルーベリーヨーグルト&レ・フレール。
2階の『フォレッティ・ジェルッタ』で購入できます。
c0145750_003294.jpg
そしてジェラートを持ったまま『アリス・イン・ワンダーランド』を鑑賞。

ジョニーがジャック以来のハマり役と聞いていたけれど、
何処となくチャーリーっぽい感じだったかなぁ。

でも『不思議の国のアリス』を想像しながら観ると・・・
内容がかけ離れていてビックリでした。
最後の歌がアヴリルだった事にも個人的にビックリしました(笑)
c0145750_034959.jpg
帰宅して夕食作り。

今日はヘルシーで野菜豊富なメニューになりました。
なんで今回はヘルシーにしたのかと言うと・・・
c0145750_065283.jpg
実は昨日、「初添乗お疲れ様」ということで
旦那が私の好きそうなケーキを買ってきてくれていたんです。

でも私は疲れすぎていて爆睡。
そんなわけで今日、食べることになりました。

仕事を終えて帰宅した時に待っていてくれる人がいるって嬉しいなぁ。
私もお土産買ってきたから、それは明日にでも食べようね。
[PR]
by senn0haru | 2010-05-24 23:45 | Diary

アルパカ牧場

ついにやって来た添乗デビュー。
研修始って約20日でこんなことするなんて自分自身がビックリ。

都内でお客様を乗せて那須へ。
行程ではアウトレットに向かう予定だったけど、
天候が崩れると分っていたので行程を変更して先に牧場へ。
c0145750_2228594.jpg
東京は朝から雨が降っていたけど、那須は何とか曇りを保ってました。

牧場さえ雨が降らなければ後は室内観光だから、
てるてるアルパカに願をかけなきゃね。

ちなみに『アルパカ牧場』ではなく『アカルパ』というキャンプ場もあるので要注意。

日帰りバスツアーの場合は到着と同時にペルー人ガイドが入ってきて、
彼が施設の説明をしてる間、添乗員はお客様に入場券・パンフレット・エサを配布。
c0145750_2232417.jpg
ここで注意したいのは牧場の出入口とお土産屋さんは別にあって、
お土産屋さんは洋式トイレがあるけど、牧場内は全て仮設トイレだということ。

なのでバス内の説明後、ガイドさんがお客様を引き連れていくけど、
先にお土産屋さんでトイレ&ショッピングを済ませて、
牧場内を見学する方が出発時間ギリギリまで楽しめるんじゃないかな。

通常はここの入口で入場券を購入、パンフレットを受け取ります。
アルパカ用のエサは牧場内のガチャガチャで購入可能。
c0145750_22401552.jpg
牧場内はこんな感じで道が続いているので迷うことはまずありません。
そして少し歩いていくと・・・
c0145750_22421083.jpg
こんな森や手作りの橋や川なんかもあります。
牧場が出来たての時は無かったものが少しずつ整備されてるみたい。
c0145750_22485152.jpg
森を抜けて初めに会えるのはアルパカではなくダチョウ。

最速の鳥でダチョウの卵は子供が乗っても割れないとのこと。
数はそんなにいなかったから、これから増えていくのかも。
c0145750_2251625.jpg
アルパカ牧場でもう1つ注意する点は食べ物を売っている場所がほぼ無いこと。
だから何処かで買っていくか、牧場見学後に食べるかのどちらかです。
c0145750_2324651.jpg
そしてようやくアルパカとご対面。
ここはメスゾーンで、マチュピチュならぬ・・・“ナスピチュ”があります(笑)
c0145750_22532699.jpg
こっちはオスゾーン。
個人的にはメスよりオスの方が可愛く見えます。

でも色の違いもあるのかな??
アルパカは大きく分けると白・黒・茶・灰の4色で分けられてて、
目の色も黒だけじゃなく青い目のアルパカもいます。
c0145750_23244587.jpg
メス・オスゾーンを抜けて、最も人気のゾーンは牧場の一番奥。
クリア(赤ちゃん)&ベビー(子供)アルパカゾーン。

今年の4月、5月に生まれたばかりの子たち。
ただ3ヶ月もするとカナリ大きくなるから、可愛いサイズは今だけみたい。
c0145750_23254427.jpg
そしてここでは無料の記念写真もこの場所でやってくれます。

今回、撮影の協力をしてくれたのは、7月で2歳になる『星(せい)』くん。
撮影中、とても大人しくて良い子だったのでお客様も大満足。
c0145750_23213344.jpg
こちらはCMに登場した2代目クラレ且つ、世界一男前な『タラキー』君。

彼の名前は父親『タネ』、母親『ラッキー』から付けられたのだけれど、
名付け親について3択問題を出したら・・・

①北野武 ②みのもんた ③島田紳助

やっぱり③だと解答してるお客様が多かったけど、正解は②でした。
バス内ってクイズ形式で観光地の説明をしていくと結構盛り上がるみたい。
c0145750_23552016.jpg
クリアゾーンを離れるとミニチュアホースも数匹いました。

でもアルパカ牧場だけあってアルパカの数は約400匹。
だからダチョウもホースも少なく感じるのかな。
c0145750_2359267.jpg
アルパカ牧場は約1時間半の滞在だったけど、雨も降ることなく牧場を出発。

その後のアウトレットやお土産屋さんではどしゃ降り。
そして帰りは事故で渋滞に巻き込まれて1時間遅れで帰着。
他にも色々なハプニングはあったけど、自分なりに頑張ったつもりです。

1度、添乗する度に次への課題も見えてくるもの。
観光地の知識だけじゃなく、少しずつアナウンスのタイミングも掴まなきゃね。

そして・・・てるてるアルパカ、本当に今日は有難う。
『グラシアス、アミーゴ!』
[PR]
by senn0haru | 2010-05-23 23:24 | Tour Leader

前日の準備

明日はいよいよ国内添乗デビュー。

知っている土地と言うこともあってか最初は余裕だと思っていたけど、
添乗経験ゼロの私には当日何が必要かサッパリ分からず。
昨日会社で聞きまくって、今日、一気に買ってきました。
c0145750_991275.jpg
新たにこんなに買うものがあったなんて我ながらビックリ。
でも買い物できる時間が作れて良かったぁ。
c0145750_911639.jpg
買い物ついでに近くのショッピングモール立ち寄り。
やっぱり日曜日だと色々なイベントがあって沢山の家族がいて楽しいです。
c0145750_9112036.jpg
今回は特に沢山の動物と触れ合えるイベントだったから、
子供たちは大はしゃぎでエサをあげたり触ったり。
c0145750_9113435.jpg
こんなに大きな亀もいました。
他には猫やウサギ、ヘビなんかもいたなぁ。
c0145750_9145870.jpg
私がずっと作業をしてたから、夕食は旦那が担当。

たまたま今日が会社休みだったから、彼ものんびりできたみたい。
こんな時、作ってくれる人がいるって有難いね。

でも色々な施設への電話入れの時だけは、彼を家の外に追い出しました(笑)
これからも慣れるまではそうしていこうかな。
c0145750_917451.jpg
ほぼ準備が終わったところで・・・
“てるてる坊主”ならぬ、“てるてるアルパカ”作り。

明日の観光地の降水確率が午後からは70%になってるから、
行程を少し変更したものの、天候が持ってくれるか心配。
明日はこの子に頑張ってもらいますか。
[PR]
by senn0haru | 2010-05-22 23:06 | Tour Leader

東京観光

昨日、お祖母ちゃん宅に泊まった私と滋賀から来た親戚。
夜遅くまでお祖母ちゃんも含めてガールズトーク。

今日は天気も良いし、夏日和だし、朝から東京観光に出発。
c0145750_93955.jpg
最初に向かった先は柴又の帝釈天。
朝早くから来たから、観光客も少なくて気持ち良い。
c0145750_9402683.jpg
水かけたり参拝したり。
帝釈天はそんな感じで5分ほど滞在し、さっさか移動。
c0145750_9414742.jpg
そして再び来ました寅さん記念館。

私は寅さんをほぼ知らないから、1回目では見落として所が沢山。
なので今日は新たな発見が出来て面白かったなぁ。
c0145750_9431628.jpg
『男はつらいよ』を観てる人ならすぐに分かる舞台。
ここも朝早いから人も少なくて写真撮り放題。
c0145750_9444232.jpg
今日一番の新たな発見はこれ。
昔の電車なんだけど・・・
c0145750_9452824.jpg
なんと電車に乗っているのは寅さん!
難易度の高い“隠れミッキー”を見つけた時くらい嬉しかったです(笑)
c0145750_9472074.jpg
他には寅さんの書いた書類や手紙、パスポートなんかも面白かったかな。

個人的にはトイレットペーパーの手紙よりパスポートの方が興味津々。
昔ってこんな感じだったんだね。
c0145750_9532492.jpg
そして次に向かった先は浅草・・・・・・・・・
c0145750_9491164.jpg
じゃなくて巣鴨。

実は今朝、お祖母ちゃんに何処へ行くか聞かれて
“浅草や東京タワー”と提案をしたけれど、見事なまでに覆されました(笑)
c0145750_9522568.jpg
でもまぁ親戚やお祖父ちゃんお祖母ちゃんが楽しんでくれるなら何処でもいっか!
お祖父ちゃんも「疲れた」を連発しながらも沢山歩いて良い運動。
c0145750_955362.jpg
だからか普段は一口しか食べないアイスも珍しく一人で完食。
今日は本当に暑かったもんね。

その後、『水戸黄門』が始まる16時前には帰宅。
もう少しゆっくりしていたかったけど、私はその足でそのまま会社へ。
親戚は歩き疲れて爆睡中だったから、起こさずにお祖母ちゃん宅を後にしました。
c0145750_9583181.jpg
仕事終わり、帰宅して親戚からもらった半熟カステラをいただきまーす。

15年ぶりくらいに会った親戚は外見こそ変わっていたけど、
性格は優しいお姉ちゃんのままで、また近々会いたいなぁと思いました。

今度、東京に来た時はショッピングメインに観光しようね!
[PR]
by senn0haru | 2010-05-21 23:37 | Diary

必要なもの

3日目のテストも合格し、無事に総合旅程管理主任者資格を獲得。

予定より早く終わったので、学校からそのまま実家帰省。
少し前に文房具屋さんで頼んでいた“あるもの”を受け取りに行きました。
c0145750_28506.jpg
それがこのファイル。

よく100均でも見かけるんだけど、サイズがA4ばかりで、
B5サイズのファイルは全く見当たらず。
c0145750_2102349.jpg
中身がこんな風に仕切られているから、添乗中にレシートや色々な書類、
パンフレットやその他のものを小分けするのに便利。

小さいサイズだからバッグの中にも入れられるし、軽いから持ち運びも楽チン。
この仕事って始めに準備するまでが相当大変だしお金もかかるけど、
3日間で“準備に手を抜かないことが成功のカギ”だって実感したから頑張らなきゃね。
[PR]
by senn0haru | 2010-05-17 23:06 | Tour Leader

地理の暗記

受講2日目は法令・約款、そして国内旅行実務。

法令は旅行業者と添乗員の間に結ばれた決まりごとで、
約款はお客様と添乗員の間に結ばれた約束。

名前を聞いただけで怯んでしまいそうな科目だったけど、
先生が親切に分りやすく教えてくれたおかげでテストも合格。

でも問題は明日、まとめてテストをする国内旅行実務。
今日も少しだけ勉強したんだけど、その中の暗記問題が大敵。

日本国内の有名な温泉・名産・お祭りが北海道から沖縄までズラ~っと並び、
その中から絞ってテストに出すらしいんだけど、なんと配点が高い。
同じ日に受講した生徒はひたすらリストと睨めっこ。

でも、そんな中、私はお絵描き。
c0145750_143279.jpg
左側のタイトルは『江戸時代、皆、朝は「ふあ~」で、お湯もしと湯』
右側は『岩は深く、秋は濃さ』

一見、何の関係もないように見えて、
実はこれ、私にとっての暗記方法なんです。

例えば左の『江戸時代~』の“えど”は“愛媛県”の“道後温泉”のこと。
『皆、朝は~』は“宮城県”の“鳴子温泉”と“秋保温泉”と“作並温泉”のこと。

そして右の『岩は~』は“岩手県”の“わんこそば”で、
『深く~』は“福岡県”の“辛子明太子”のこと。
c0145750_1513922.jpg
さらに長文タイトルだと・・・
『小田は「とあ!」とワナを仕掛け、姉は「とお!」と仕返し「Why me!?」』

これは全てお祭りに置き換えられます。

例えば『小田』は“大阪府”の“だんじり祭り”で
『とあ』は“徳島県”の“阿波踊り”・・・といった感じです(笑)

暗記って得意な人は結構少ないと思うし、
無理やり詰め込むからパンクするか、テスト後は綺麗さっぱり忘れるもの。

でも私は頭文字だけ取って文章作ることを覚えてからは、
暗記に対して割と苦手意識が無くなりました。

ただ・・・『漢字で書きなさい。』と言われたら、
ひたすら書いて覚えるしか打つ手ナシかもしれません(笑)
[PR]
by senn0haru | 2010-05-16 23:32 | Tour Leader

島の大きさ

今日から始まった総合旅程管理主任者資格取得のためのレッスン。
1日目に私が受けたのは海外旅行実務&語学。

初日から遅延で30分遅刻の教室入り。
普通は国内旅行実務①②を受けてから海外を受けるのが一般的だけど、
スケジュールの都合上1日目を海外にした私には大変。

それでも海外実務は無事に合格したからひと安心。
語学の方は97点だったから・・・満点取れなくて悔しかったなぁ。
c0145750_22582116.jpg
テスト後、中国人受講生と親しくなり、別室で待っている間に見つけた地図。

この部屋はヨーロッパ用の教室だったみたいだけど、
何故だかこの地図はオーストラリア。

でもさすが100均ポスターと違って小さな国でもちゃんと載っています。
c0145750_2310237.jpg
バリ島。 面積は約5,600平方キロメートル。
日本の愛媛県と同じくらいの大きさ。

逆さまだから探すの大変。
c0145750_23115075.jpg
グアム島 面積は549平方キロメートル(世界では202位の面積)
淡路島より少し小さいくらいの大きさ。

サイパン島。 面積は185平方キロメートルで
北海道の利尻島とほぼ同じくらい、伊豆大島の2倍。
c0145750_23134494.jpg
イースター島。 面積は164~180平方キロメートル。
香川県の小豆島より少し大きいくらい。

海外の島も数字より日本と比較して照らし合わせると分り易い。
国立公園とかも“東京ドーム●個分”って言うと頭に浮かびやすいもんね。
高校時代の先生はよく“ウルトラマン●体分”で比較してたけど(笑)
c0145750_23203669.jpg
帰宅して夕食。
今日は旦那が焼きソバを作ってくれました。

今の仕事って暇さえあれば勉強な生活だから、
家事を協力してくれるだけで大助かり。
引っ越しもあるし、これからも互いに協力しながら節約していかなきゃね。
[PR]
by senn0haru | 2010-05-15 22:24 | Tour Leader