センノハル

senn0haru.exblog.jp

私の名前から付けたタイトル。 “タクサンの幸せ”。 私にとってタクサンの幸せや、日頃の些細な出来事をのんびり更新します。

ブログトップ

<   2007年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Bad Company

バッドって言うよりも夜遊び仲間って感じかな。
TRGに滞在してた時期は週に何度夜遊びをしていたことか。
そして週に何度オール明けで仕事に行ったことか。 時々本気で死ぬかと思った(笑)
c0145750_18115881.jpg
この日は結局オールでビリヤード。 私、早朝5時から仕事なのに・・・。
c0145750_1862650.jpg
左:チリ人のフランシスカ。 私、とても懐いてくれるから彼女のこと大好きだったなぁ。
中:ブラジル人のウィズリー。 料理がとても上手な遊び人。
右:韓国人のアレックス。 皆に親切でお人好しな子。 同い年だから親近感。
c0145750_17264173.jpg
呑み仲間。 グラスが空になる度に呑まされたね。
左:チェコ人のマルティー。 少しチェコ語を知ってたから、カナリ親近感持ってくれたね。
中:またまたフランシスカ。 いつもメッチャクチャ私をコールしてた(笑)
右:チリ人のエドアルド。 いっつも笑顔でノリも最高。 皆から好かれるんじゃないかな。
c0145750_20225827.jpg
少なくとも週に1回は通っていたクラブ、コヨーテ。
ここに来るだけでフィッシュファクトリーメンバーに会えたなぁ。
c0145750_1822230.jpg
さあさあ。
c0145750_183193.jpg
よーやく。
c0145750_1834895.jpg
朝日が。
c0145750_1841254.jpg
昇って。
c0145750_1843829.jpg
きましたよーーー!
c0145750_17573448.jpg
お気に入りの1枚。 寒い中で何時間も一緒に朝日を待ってたんだ。
左:ドイツ人のユリア。 単独行動多いから気が付けば彼女とよく一緒にいたね。
中:またまたウィズリー。 ちなみにこの日の仕事キャンセルしてた(笑)
[PR]
by senn0haru | 2007-09-28 17:56 | New Zealand

Sanford Inside Work

インサイドワークはアウトサイトワークに比べて色々な種類の仕事が出来るし
ワーカーも遙かに多かったから飽きることが無かったかな。
c0145750_2241054.jpg
これがインサイドの様子。 仕事中に隠し撮りしようとしたらSVに見つかって・・・
もっと景色よく撮れる場所に連れて行ってくれた(笑)
c0145750_22452628.jpg
アウトサイドでグレイディングした魚を流して・・・
c0145750_22475663.jpg
頭をカットした後に内臓を取り出して・・・
c0145750_22491615.jpg
流れてくる魚1回分をパッキング。
c0145750_22501041.jpg
並べ方はこーんな感じ。
c0145750_2250455.jpg
暇な時はボックスを作りまくる。
可笑しいくらいにボックスが積んであるのは私のレーン(笑)
c0145750_22514948.jpg
でもパッキングが速すぎると次がつまる。 ここではボックスの重さを確認。
[PR]
by senn0haru | 2007-09-20 22:32 | New Zealand

Farm Stay

AKLに滞在していた時のフラットオーナー、デイブ。
彼のファームがTRGから1時間のWaihi(ワイヒ)という場所にあるということで
仕事休みを利用して遊びに行ってみましたー。

彼はとってもフレンドリーだし、彼の家族も親しみやすくて楽しかったなぁ。
実は彼の妻がフィリピン人だったから、
AUS語学研修の時のホストファミリーを思い出させる家族だったよ。
c0145750_2041266.jpg
デイブと彼の子供ダニエル。 まだ1歳なんだって。
AUSの時のニコラスにそっくり。
c0145750_20475870.jpg
左は次女のコスミアーナ8歳、右が長女のレイチェル9歳。
彼女たちの似顔絵を描くと言ったら、やる気満々でこのポーズ。
c0145750_2052587.jpg
彼らのペット。 黒い羊はあまり見なかったから珍しい。
長いしっぽもまだちゃんと付いてるね。
c0145750_20534449.jpg
こっちはウシ用のファーム。
AKLとワイヒに家があるなんて本当にお金持ちだなー。
[PR]
by senn0haru | 2007-09-16 20:34 | New Zealand

Sanford Outside Work

私たちが働いていたのはSanfordというフィッシュファクトリー。
アウトサイドワークの仕事は主にグレイディングだった。
少人数で働くし、うんが良い日にはイルカも見れるし
それほど臭くもないから、実はインサイドワークよりもずっと好きだったんだ。
c0145750_21525372.jpg
早朝5時から夕方4時半まで働いていた想い出の場所。
朝日が昇る前からのスタートだったから寒い・・・というか痛かったなぁ。
c0145750_2233962.jpg
大きな漁船で運ばれてきた魚を・・・
c0145750_21485967.jpg
こーんな風に流して・・・
c0145750_2151889.jpg
こーんなレーンの上で種類と各サイズに分ける。
見慣れるまでは魚と目が合うたびに気持ち悪くなった(笑)
c0145750_21555323.jpg
これは手前が400~600g、奥が600g~1kgかな。
左のボックスは使えない魚を入れる為のもの。
c0145750_22282778.jpg
こっちは種類分け。 普段は2種類のサバを分けていたんだけど
たまーにカナリの種類の魚も分けたなぁ。
c0145750_22571738.jpg
アウトサイド用のユニフォーム。 お世話になりましたー。
[PR]
by senn0haru | 2007-09-15 21:45 | New Zealand

Mount Mounganui

TRGから歩いて1時間半の場所にあるMt Mounganui マウントマンガヌイ(以下マウント)。
バスで行くのが主流なのに私の場合、2時間くらいまでなら迷わず徒歩。
この街はTRGより小さくて可愛い雰囲気だったなぁ。
休日にすることがない時はマウント行くってことがお決まりみたくなってたね。
だってTRGは住むための街だから観光地はあまりなかったんだ。
c0145750_1734359.jpg
CHCにもあったような巨大チェス盤を発見。
NZでは色々な場所でこーゆぅのが発見できるよ。
c0145750_17365193.jpg
小高い丘のようで実はナメちゃいけないマウント。 意外と急なトレッキングコース多し。
c0145750_17391915.jpg
頂上からはマウントの町並みが一望できて達成感いっぱい。
c0145750_17441012.jpg
パラグライダーをしてる人も結構見かけたね。
c0145750_17402384.jpg
帰り道はラクチンな下り坂だし景色も綺麗。
c0145750_1741284.jpg
真っ赤な夕日を見ることも出来ましたー。
[PR]
by senn0haru | 2007-09-07 17:27 | New Zealand

Tauranga 9月・10月

最後に長期滞在した場所、それがTauranga タウランガ(以下TRG)
アジア人が比較的少ない街だから英語を喋る環境としては最適。
ただしドイツ人やチリ人も多かったから
色々な言語を覚えなきゃいけないかなーと思ったことも。
ここには約1ヵ月いて、その間にBpを2回も変えながらシーズナルワークをしてた。

最初の予定ではキウイフルーツのパックハウスで働くはずだったんだけど
なぜか気が付けばフィッシュファクトリーで働いてたね。
名前の通り臭いは強烈だったしグロテスクでもあったけど
そんなところで1ヵ月近く働いていれば当然慣れてくるもの。
それどころか私、この仕事が実は大好きだったなぁ。
c0145750_1765547.jpg
1番目のBpのバルコニーから見えるTRGの景色。
Bp自体は好きだったんだけど、仕事が見つかれば長く滞在するって条件で
泊まってたから、結局3日しか滞在しなかったんだ。
ほぼ毎日天気も良くて可愛い街だったよ。
c0145750_1785710.jpg
船の形をしたガーデニングを発見。
c0145750_17101046.jpg
何だかNPEに似た町並み。
この地方はほぼどの街もこんな感じなのかなぁ。
c0145750_1714918.jpg
これは2番目のBpで撮影。
私の右にいるのはロックスバラ、ピクトンに続いて偶然再会したジュンコさん。
左にいるのは日本人のユカちゃん。 彼女には料理の楽しさをアツク語ったよ。
c0145750_1720988.jpg
そして3番目のBpで撮影。
左がイスラエル人のマイ。 会った初日にクラブへ行って意気投合。
真ん中がチリ人のアンジェリカ。 恋バナ大好きでとってもキュートな女の子。
[PR]
by senn0haru | 2007-09-03 17:00 | New Zealand

Waitomo Caves

ラグランを出た後はワイトモケーブで寄り道。
色々なアクティビティーがある中で私が選んだのは、ブラックウォーターラフティング。
c0145750_16325729.jpg
“ラフティング”と言うよりもゴムチューブで洞窟内を探検って感じかな。
次はクライミングをチャレンジしたいなー。
c0145750_16413060.jpg
洞窟に着くまではこんな道のりをひたすら歩く。
でも既にウェットスーツ着用だったから、皆の動きはまるでロボット(笑)
c0145750_16385568.jpg
その時、お世話になったインストラクター。
c0145750_16401965.jpg
でもそんなアクティビティーよりも気になったのがコレ。
c0145750_1645588.jpg
え。
c0145750_16462642.jpg
えぇーっ!?
c0145750_1647220.jpg
えぇえぇぇ~~っ!!!
c0145750_16475950.jpg
スッキリ!(笑)
c0145750_164947.jpg
ラビットシェアリングなんて初めて見たよ。
ちなみにこれが刈られる前のウサギちゃん。 クッションじゃないよ。
[PR]
by senn0haru | 2007-09-01 16:30 | New Zealand