センノハル

senn0haru.exblog.jp

私の名前から付けたタイトル。 “タクサンの幸せ”。 私にとってタクサンの幸せや、日頃の些細な出来事をのんびり更新します。

ブログトップ

<   2007年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Kaikoura Whale Watching

BHEでのヴィンヤードワークを終え、CHCへ戻る途中に寄った街。
Kaikoura(カイコウラ)は小さくてあまり何もない街だけど、
クジラが年中見られる場所、クレイフィッシュを食べる場所として有名。
私の目的はもちろんクジラ。
天気にも恵まれてサイコーだったなぁ。
c0145750_862289.jpg
日の出が大好きで、これから先も早起きしてまで何度か撮ってます。
c0145750_883935.jpg
街のメインロード。 シンプル過ぎて迷うこともなし。
c0145750_8255591.jpg
今回は2匹のクジラが見れたけど、さすがにスケールが大きすぎて
尾びれと頭しか撮影できなかった。
c0145750_82734100.jpg
予想外で嬉しかったのはイルカの群れ。
こんなにイルカが見れるのはラッキーみたい。
c0145750_8293160.jpg
歩いて高台から撮影。 この近くはシールコロニーなので・・・
c0145750_831515.jpg
こんなに近くからの撮影も可能。 でも彼は眠ってばかり。
[PR]
by senn0haru | 2007-02-26 07:55 | New Zealand

Garage Art

「長期滞在した場所では何かを残したい。」
そう思った時に考えたのが絵を描くこと。

今回のテーマは「日本とBHE」
幸いヴィンヤードの仕事が終わった後は暇だったから
気が向いた時に少しずつ描いていけたんだ。
ガレージアート楽しかったなぁ。
c0145750_15324865.jpg
Leeways(リーウェイズ)っていうのはBpの名前ね。
c0145750_15334284.jpg
富士山とBHEの山々。
c0145750_15344269.jpg
そして緑の大地。
c0145750_15362172.jpg
忘れちゃいけない羊たち。 完成。
c0145750_16165544.jpg
下の真ん中が私の絵。
見た目は汚い倉庫だけど、居心地は良かったよ。
[PR]
by senn0haru | 2007-02-25 15:24 | Arts

Vineyard Work My People

仕事内容に引き続き、仲良しだったコーワーカーたちを何人かご紹介。
シーズナルワークで出会う人たちは本当に多国籍!
c0145750_23222260.jpg
まずは誰よりも先に私たちのおじいちゃん・・・ではなく、私たちの立派なSVリンク。
優しくて思いやりがあってウインクの可愛いオーストラリア人。
c0145750_23245191.jpg
ヘアスタイルからずっと「道明寺」と呼んでいた、陽気なKIWIグレッグ。
ネタに出来ることがたくさんあったから常にからかってたっけ。
c0145750_2327589.jpg
NZワーホリ中、私の中で最もイケメンだと感じたロシア人ラス。
実は同い年でジブリファンだったから私の日本名もすぐ覚えてくれたね。
c0145750_2330277.jpg
互いに母国語を教え合ったしっかり者の台湾人メイファー。
本人が知らないのを良いことに、「メイちゃぁ~~~ん」と呼んでは笑ってしまった。
c0145750_23333126.jpg
年上なのに可愛らしさ&天然さ満点の日本人まりちゃん。
三角倒立をしてもらったんだけど・・・せっかくの可愛い顔が。
c0145750_2336361.jpg
日本人 = バカ。 そんなアピールをしてしまったかもしれない。
でもこれ、意外と難易度高いのよ。
c0145750_23385514.jpg
ルームメイトのドイツ人サピーナ。
彼女があのBp先では最も日本人に対してフレンドリーだった。
c0145750_15423764.jpg
Bp先のマネージャーであるイギリス人のピパ。
可愛くて優しくて明るくて彼女の性格は大好き!
[PR]
by senn0haru | 2007-02-24 23:18 | New Zealand

Birthday Card②

ルームメイトのサビーナが今月24日に20歳の誕生日を迎えると言ったから
慌てて描いた彼女の似顔絵。
困ったのは彼女の写真を1枚も持っていなかったこと。
だからストーカーみたいに彼女の顔を観察。 気づいてないことを祈る。
c0145750_154696.jpg
雰囲気は出てるかなー。
c0145750_15462492.jpg
ドイツ語です。
まぁ訳すと「誕生日おめでとー!愛してるわー!良い旅してねー!」って感じ。
(かなりテキトー)
[PR]
by senn0haru | 2007-02-24 15:44 | Arts

Vineyard Work 2月

私が仕事をしていたのは2週間弱で、残念ながら収穫シーズンじゃなかったけど
アウトサイドワークはやっっぱり気持ちいい。
毎日男女関係なく皆、日焼け止めを塗りたくってたけどね。

さてさて、ここではいくつかヴィンヤードワークの仕事を紹介。
c0145750_2249382.jpg
これは小さいうちに無駄な葉や芽を取り除く仕事。
プラスチックは虫や風からツタを守ったり、
ツタが真っ直ぐ生長するようにサポートする役目がある。
c0145750_22541250.jpg
ヴィンヤードによってはプラスチックではなく紙パックを代用する場合も。
c0145750_22555058.jpg
だから紙パックをひたすら回収する仕事もしたっけ。
c0145750_2257383.jpg
ある程度、ツタが生長したら、
ツタを一定方向に生長させるよう、ワイヤーに絡ませたり。
もちろんその際、邪魔なツタや葉はカット。
c0145750_2315486.jpg
実が出来ると鳥から身を守るためにネットを巻いてクリップで留めて。
c0145750_235179.jpg
この頃になると、ヴィンヤードに愛着を持ってくる。
c0145750_2372013.jpg
セカンドシーニングでは育ちの悪いブドウをカット。
ヴィンヤードワークを通して手間暇かけてワインが造られることを実感。
c0145750_2311257.jpg
たまにヴィンヤード管理をするのにどれだけ時間がかかるのか疑問に思う。
広すぎるからコーワーカーが何処にいるのか分からなくなったり
乗ってきた車を見失うことも。
[PR]
by senn0haru | 2007-02-20 22:44 | New Zealand

Korean BBQ

今年2月17日は中国&韓国の旧正月にあたるらしく
教会での無料英会話レッスンが終わった後、
リッチな韓国人の家に集まって旧正月パーティーを開催。
参加者は大半が韓国人だったけれど、彼らと一緒にいる環境が
私にとってはとても懐かしく感じた。
やっぱりこれは韓国レストランで働いていたからかなぁ。
c0145750_7385356.jpg
誰が日本人で誰が韓国人でしょーか。
c0145750_7391514.jpg
大きな眼鏡をかけている女性が英会話レッスンの先生、ジャーン。
実は偶然、図書館で彼女と会ったのがきっかけで、
英会話レッスンを紹介されたんだ。
c0145750_7411519.jpg
左がリッチな韓国人のおじさま、右が教会のマネージャーケビン。
c0145750_7423750.jpg
なぜか彼女にとっても好かれた。 韓国人のナニョン。
c0145750_7434830.jpg
ちなみに元旦も韓国人の家でBBQパーティーしてたっけ。
こちらは韓国レストランメンバーとその友達。
c0145750_7485869.jpg
・・・と、何だかぬいぐるみみたいなペット。 丸い目もシャイな性格も愛らしい。
[PR]
by senn0haru | 2007-02-17 07:47 | New Zealand

Blenheim

シンプルで可愛い街、Blenheim ブレナム(以下BHE)は
NZ国内最大のワイナリー産地。
私が初めてシーズナルワークと出会い、
シーズナルワークの魅力にとりつかれたきっかけともなる街。
c0145750_2229113.jpg
街の景色。 NSNに負けないくらいの晴天率。
c0145750_22373541.jpg
この時期は何処に行ってもこんなヴィンヤード風景ばっかり見たね。
c0145750_22294997.jpg
BHE滞在中、お世話になったLeeways Bp。
80%以上がジャーマンで、英語よりもドイツ語を日々聞いていたBpだったなぁ。
c0145750_22314144.jpg
仕事Bpは観光Bpとは比べものにならないほどの生活感がむき出し。
これでも一応フィーメールドーム。
c0145750_2234787.jpg
キリスト教徒ではないけれど、たまに通っていた教会。 実はミサ好き。
[PR]
by senn0haru | 2007-02-08 22:25 | New Zealand

Abel Tasman NP Kayakking

NSNを離れる前にどうしても体験したかったことが
Abel Tasman NP エイベルタスマン国立公園のカヤッキング。
天気も本当に快晴で、サイコーの1日だった。
c0145750_21591410.jpg
今回はこのカンパニーでGo!
c0145750_21594751.jpg
久々にこんな清々しい夏を見たなぁ。
c0145750_2255832.jpg
最初の数時間はトレッキング。
昼になるにつれて太陽の光の強さが増してとても暑かった。
c0145750_22184571.jpg
暑さも疲れも吹き飛ばすほど、高台からの景色は爽快。
c0145750_2282196.jpg
ランチ後、待ちに待ったカヤッキング。 皆で協力して1つの巨大なヨット完成。
c0145750_229369.jpg
力仕事はもちろん男性陣が担当。
[PR]
by senn0haru | 2007-02-06 21:53 | New Zealand

Ruth

NSNに1週間ほど滞在していた時に出会ったルームメイトのおばあちゃん。
彼女は南米出身でこのBpには3日間だけ滞在してたかな。
とてつもなくタフで元気で大きなことをサラッと言ってのける。
最も驚いたのが

「私、腰が悪いからピッキングじゃなくてパッキングのみを希望するわ。
 なんせ南米で3回もハイジャックに遭って、腰をやられたもの。」

それを聞いた瞬間、「日本って平和だ。」と心底思った。

とっても仲良くなったし互いに仕事を探してたから、
別れてからも結構メールのやりとりしてたなぁ。
c0145750_1652432.jpg
彼女が去る日、荷物をパッキングしてる最中に盗み見て描いたもの。
渡した時に最も喜ばれた時の一言。
「ありがとう!シワをあまり描かないでくれて!」
お年寄りの似顔絵はそーゆぅ意味で大変。
[PR]
by senn0haru | 2007-02-05 16:02 | Arts

Nelson 2月

Sunny Nelson サニーネルソン(以下NSN)の名でも知られる
南島では最も晴天に恵まれた地方。
当初NSNに来た目的はアップルピッキングだった。
でも「今年は例年より寒く、半月ほど仕事が遅れてる」ということがあって
いくら探してもピッキングやパッキングなどのシーズナルワークは見つからず。
なのでここに滞在したのは1週間。

その後、年中仕事が出来ると言われている
ヴィンヤードワークで盛んなBlenheim ブレナム(以下BHE)へ。
c0145750_21184286.jpg
街自体はとても可愛くて気候も温暖。
c0145750_21225426.jpg
クライストチャーチ大聖堂。 CHCにある大聖堂の弟分みたいな存在。
c0145750_21434242.jpg
NSN内で見つけた日本庭園。
c0145750_21233779.jpg
NZの中心を表すモニュメント。
c0145750_21242155.jpg
モニュメントから見えるNSNの街。
[PR]
by senn0haru | 2007-02-01 21:03 | New Zealand