センノハル

senn0haru.exblog.jp

私の名前から付けたタイトル。 “タクサンの幸せ”。 私にとってタクサンの幸せや、日頃の些細な出来事をのんびり更新します。

ブログトップ

<   2005年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Italy Traveling

c0145750_1457424.jpg
期間
◎前半:2005/12/06 ~ 2005/12/13

目的
◎大学の友達との旅行。
(後から考えると、卒業旅行だったとも言える。)

今回利用した会社
HIS ・・・ 今回はツアー込みで予約。

滞在先
◎Milano(ミラノ)
◎Verona(ヴェローナ)
◎Venezia(ヴェネツィア)
◎Firenze(フィレンツェ)
◎Pisa(ピサ)
◎Assisi(アッシジ)
◎Rome(ローマ)
※Vatican City(ヴァチカン市国)
◎Napoli(ナポリ)
◎Pompei(ポンペイ)
c0145750_14581676.jpg

[PR]
by senn0haru | 2005-12-14 14:46 | Traveling(Abroad)

Italy - Japan

今回のイタリア旅行は主にバス移動のハードスケジュールで、
もっと長い時間観光したかった場所がタクサンあった。
でも短期間でイタリアを幅広く知れた旅行でもあったから満足だったかな。
c0145750_9171659.jpg
成田空港に到着。 同じツアーで回った親子と1枚。
気さくだし娘さんとは同い年だったから話しやすかったんだ。
c0145750_9165382.jpg
最後に一緒に旅行した友達&日本人ガイドと1枚。
ヨーロッパは初めてだったけど、また行きたいと思える素敵な場所がタクサンだったね。
[PR]
by senn0haru | 2005-12-13 09:15 | Traveling(Abroad)

Pompei Italy

昼過ぎ、Napoli観光を終えて向かった先はPompei(ポンペイ)遺跡。
ヴェスビオス火山の大噴火で一瞬にして死の灰に埋まるという最期を遂げたPompeiは
一つの古代都市がそのまま保存された遺跡として世界的にもカナリ有名なんだって。
c0145750_95442.jpg
遺跡にたどり着く前に可愛い屋台を発見。
オレンジ一色だと何だかハロウィンみたい。
c0145750_9102389.jpg
ポンペイ遺跡の入り口とも言える場所。
過去に人が住んでいたという生活感が見える遺跡が多い。
c0145750_9121477.jpg
昔は植民市だったみたいだけど、それを感じさせないくらい明るい街並みが想像できた。
これは確か集会所だったかな。
c0145750_9124766.jpg
酸欠で亡くなった死骸が何体か展示されていたんだけど
ほぼ当時のままの状態で保存されていたことにとてもビックリしたんだ。
c0145750_924917.jpg
今回のお茶目な現地ガイドと一緒に撮影。
生憎の雨だったけど彼女の説明は興味深くて楽しかったよ。
[PR]
by senn0haru | 2005-12-11 08:59 | Traveling(Abroad)

Napoli Italy

今日1日はフリーだったので、Rome観光する人もいるし
観光したい都市に行く人もいた。

私たちは後者で、RomeからNapoli(ナポリ)、Pompei(ポンペイ)と2都市も観光。
翌日はイタリアを出るから事実上、最後のイタリア観光だったんだ。
c0145750_085827.jpg
Napoliの街並み。 遠くに見えるのがヴェスヴィオ火山。
生憎の雨だったから景色もあまり綺麗じゃなくて残念だったね。
c0145750_0242417.jpg
今回のランチはシーフードいっぱいのパスタ料理。
美味しかったけど、イタリア人って盛り付け方を気にしないのかな。
c0145750_027676.jpg
デザートのアイスで遊ぶ私。 「はい、落ちなーい!」
Napoliでの想い出はこんな感じだったかな。
でも人は北よりも優しくて陽気な人たちが多かったよ。
[PR]
by senn0haru | 2005-12-11 00:05 | Traveling(Abroad)

Rome Italy

Vatican Cityを後にし、いよいよイタリアの首都Rome(ローマ)観光。
でも他にも色々な場所を観光したかったから
この都市をちゃんと観光できたのはこの日のみだったんだ。
c0145750_2156341.jpg
トレヴィの泉は伝説を持っていて、後ろ向きでコインを投げた回数によって
「再びローマに戻ってこられる」「好きな相手と結ばれる」「嫌いな相手と別れられる」
・・・と、言い伝えられているんだって。

ちなみにトレヴィはスリの多い場所としても有名だから観光する際は要注意。
c0145750_2149598.jpg
このスペイン広場はポストカードに使われていたもの。
実際観光に行った時は人が多すぎ、何故かポスターも背景にあって
とてもじゃないけど「ローマの休日」を思い浮かべるのは難しかったね。
c0145750_21295876.jpg
円形闘技場のコロッセオはRomeでは「永遠の都」のシンボル。
でも昔は観衆を前に剣闘士同士や猛獣と人間による殺し合いの場だったみたい。
今回は時間が無くてバス移動の時にしか見れなかったなぁ。
c0145750_0324951.jpg
今回食べたのはノーマルなピザ。
日本では厚焼きピザを食べてたけど、イタリアは薄焼きが基本だね。
今日から2泊はAris Garden Hotelにご宿泊です。
[PR]
by senn0haru | 2005-12-10 21:28 | Traveling(Abroad)

Vatican City

Romeに到着してからまず初めに向かったVatican City(バチカン市国)は
世界最小国家であり世界のカトリック教会を支配する総本山。
もちろんこの国も世界遺産登録されていて見応えアリ。
c0145750_2123526.jpg
サン・ピエトロ寺院。 中に入るまでには長蛇の列に並ばなきゃいけない。
その際に撮った柱の上には一体ずつ丁寧に人の彫刻が作られていたよ。
c0145750_21172739.jpg
寺院の外観も内部も著名な芸術家たちの集大成を感じさせる素晴らしさ。
今回、イタリアだけの旅行かと思っていたからとってもラッキー。
c0145750_22462884.jpg
足に触れると願い事が叶うというピエトロ像と
ミケランジェロの最高傑作であるサンピエトロのピエタ(キリストとマリア像)
c0145750_21194714.jpg
ローマ法王が実際に使用していた部屋。
右側の建物の最上階、右から2番目の部屋から国民に演説をしていたみたい。
c0145750_22185718.jpg
ちなみに衛兵は全員スイス人。
皆、イタリア語ではなくドイツ語での会話をしているんだって。
[PR]
by senn0haru | 2005-12-10 21:08 | Traveling(Abroad)

Assisi Italy

Rome(ローマ)に行く前の通過点でAssisi(アッシジ)観光。
この日はまだ暗い中、ホテルを出発したけど、
途中で綺麗な半円の虹が見れたから皆で感動しながら写真を撮ったね。
c0145750_235855.jpg
ほぼバスの移動だった今回のイタリア旅行だったけど
この街では結構歩いた歩いた。
c0145750_2058492.jpg
Assisiをバックに皆と。
あまり4人全員で撮った写真って無かったんだなぁ。
c0145750_2115756.jpg
聖フランチェスコ教会の正面。

この教会の名前にもなっていて「第2のキリスト」とまで称されたフランチェスコ。
実は昔は成金ワガママボーイだったらしいんだけど、
幾度かの神のお告げのおかげで「聖人」と呼ばれるまでに至ったんだって。
[PR]
by senn0haru | 2005-12-10 20:55 | Traveling(Abroad)

Pisa Italy

Firenze観光が終わり、午後からはPisa(ピサ)へ。
イタリアには本当に世界遺産登録された場所が多くて
もちろんこの都市も「ピサのドゥオモ広場」として登録されています。
c0145750_18153264.jpg
あの有名な斜塔の前で皆と一緒に撮影。
黄色いロングコートを着ている女性が現地ツアーガイド。
c0145750_18181643.jpg
そしてピサの斜塔と言えば・・・傾いた塔を支える写真がお約束。
でも写真を撮っている観光客の姿を見ている方が面白かったよ(笑)
c0145750_1820314.jpg
その他の建造物はこんな感じ。
洗礼堂、大聖堂(ドゥオモ)、そして写っていないけど墓所回廊。
ピサの斜塔と合わせて、これら4つが世界遺産に登録されているんだって。
[PR]
by senn0haru | 2005-12-09 18:08 | Traveling(Abroad)

Firenze Italy

イタリアに来て初めての連泊はMINERVA PALACE。
都市の中心地からは外れているけど質は徐々に良くなっていくなぁ。

明るい水上都市Veneziaとは対照的で重みのあるFirenze(フィレンツェ)も
イタリア内で世界遺産登録された都市の1つ。
c0145750_17585126.jpg
落ち着いたカラーの街並み。 主に赤い屋根で統一されているのかな。
半日しか観光できなかったから、もっと時間を取りたかったなぁ。
c0145750_17432510.jpg
ミケランジェロ広場で写真を撮っていると・・・周辺には牛・ウシ・うし!
実は有名なカウパレードと呼ばれるチャリティーに使われる展覧会みたい。
c0145750_17461116.jpg
シニョーリア広場でダビデ像と同じポーズ。
ランツィアのロッジアという戦いを示している彫刻が目立ったけど、
芸術作品じゃなかったらグロテスクとしか呼べない悪趣味なものばかり。
c0145750_181943.jpg
ウフィッツィ美術館は私が今回イタリア内で最も興味を持った場所。
きっと1日中いても飽きないんじゃないかな。
c0145750_18283547.jpg
Firenzeの大聖堂(ドゥオモ)は「花の聖母教会」としても知られている。
右はミケランジェロに「天国の扉」と称えられた聖ジョバンニ洗礼堂。(現在はレプリカ)
c0145750_1751821.jpg
ランチタイムに入ったNUTIで出てきたサービス満点のハート型ピザ。
店員さんたち(左:ニコーラ/右:アサリ?)もかっこよくて優しかったよ。
[PR]
by senn0haru | 2005-12-09 17:39 | Traveling(Abroad)

Venezia Italy

またまた朝早く2つ目のホテルHolidayを出発してバス移動。
街の風景だけ考えると、私にとって水上都市Venezia(ヴエネツィア)はカナリお気に入り。
c0145750_23592995.jpg
なんと自転車を含め車は本土への侵入が禁止されているけれど
運河が発達しているため主な交通手段は必然的に船。
c0145750_17225713.jpg
本土まで連れてきてくれたドライバー。
イタリア人は男女関係なく基本的に皆カッコイイね。
c0145750_17242110.jpg
仮面が売られているお店。
イタリアに来てから本当によく見かけたなぁ。
c0145750_17184938.jpg
「郷にいれば郷に従え」と言うことで私たちも早速人気のゴンドラ観光。
ゴンドラドライバーのイケメンプレイボーイ(?)ファーミューはなんと私たちと同い年。
c0145750_1731388.jpg
不思議の国のアリスに出てきそうなドゥカーレ宮殿。
美術館のような宮殿で、世界最大の油絵「天国」は何とも壮大。
c0145750_17374057.jpg
世界遺産にも登録されている都市だけど
「金色教会」とも謳われるサンマルコ寺院はハト大量発生のため私の中では「ハト寺院」
c0145750_17215881.jpg
初のイカスミパスタ体験。 こんなに黒くなるものなんだ。
[PR]
by senn0haru | 2005-12-08 17:11 | Traveling(Abroad)