センノハル

senn0haru.exblog.jp

私の名前から付けたタイトル。 “タクサンの幸せ”。 私にとってタクサンの幸せや、日頃の些細な出来事をのんびり更新します。

ブログトップ

アルファベットの書き順

千葉の教室、引継ぎ2週目。
今日から後任に少しずつメインでレッスンをしてもらいました。

でもやっぱり新しく入ったばかりだと大変。
何時間も前から教室で準備をして、それでも終わらないという状況。
私も経験してきたことなので懐かしいなぁ。

レッスン後、後任へのレッスン面でのアドバイス。
・・・というより確認してほしいこと。

それは『アルファベットの書き順』です。

大人でアルファベットの書き順を正しく書ける人って何人いるんだろう。
日本人だけじゃなくNT含めても少ないんじゃないかなぁ。
c0145750_1549100.jpg
最もそう感じさせるアルファベットが大文字の『M』

左側と右側、どちらが正しいかというと・・・正解は左側。
クセで続けて書いちゃったりしてるから、どうしても2画目を間違えちゃうよね。
c0145750_156222.jpg
そして大文字の『W』と『T』

『M』を逆さまにしただけの『W』だと思いきや、書き順は全く異なります。
『T』も最初は意識していないと横線から入りたくなっちゃうなぁ。
c0145750_157371.jpg
そして小文字で気をつけるのはこれら6つ。

それにプラスして、私の場合は大文字の『O』と『Q』が入ります。
多分、左利きの人じゃないと共感しなそうかもしれないけど、
私は毎回、丸の書き方が時計回りになってしまいます。

アルファベットを教える時には意識しているので間違えなくても、
生徒の発言や生徒の名前をホワイトボードに書く時、意識は薄れてしまいます。

私はこれを直すために約1ヶ月間、常に意識して、
自分のノートにメモ書きした内容でも書き順を間違えたら書き直していました。

ひらがな、カタカナ、漢字の書き順もメチャクチャだけど、
アルファベットだけは教える側だから、日頃から気をつけなきゃね。
[PR]
by senn0haru | 2010-02-11 23:48 | English